Posts in category

海外導入事例


ブラジルの大手スポーツキャリア管理企業であるフィガー・グループのアンドレ・フィガー副社長は、サッカー選手のトークン化に注目している。アドバイザーとして関与する暗号資産イーサリアムベースの独自トークン「OLECOIN(オレ …

ブラジルの教育省(MEC)は同国の私立大学の卒業証書偽造対策として、デジタル証書を発行するブロックチェーン基盤プラットフォーム生成を提案した件について、コインテレグラフ・ブラジルが報じている。ブラジルでは大学卒業証書の偽 …

3月6日、楽天の三木谷浩史氏が代表理事を務める新経済連盟がブロックチェーン国家戦略に向けた提言を作成し、経済産業大臣とIT担当大臣宛に提出を行なった。今回の提言作成には日本ブロックチェーン協会が協力している。 提言ではブ …

世界最大級の人材企業ランスタッド(Randstad)は、サイフェリウム(Cypherium)ブロックチェーンとグーグルクラウド(Google Cloud)を統合させた、企業ニーズと人材の一致を向上させるテストを始めた。 …

3月4日、中国の教育部は成都信息工程大に対して、同国初となるブロックチェーン技術の学部課程開設を承認し、今年の開始を目指していることについて、チャイナニュースが報じている。 変化を続ける社会経済や社会情報の発展に遅れをと …

暗号資産取引所フォビ(Huobi)は、これから同社が発展するブロックチェーンはDeFi(分散型金融)アプリケーションとサービスの構成を金融機関に提供することを考慮している。 2月29日、シンガポールに拠点を持つ暗号資産取 …

3月4日、イーサリアム開発企業であるコンセンシスと監査法人大手となるEYは、マイクロソフトなどと協力し、イーサリアムのビジネス分野活用に向けたプロジェクト「ベースラインプロトコル」を開発していくことをコンセンシスが発表し …

2月26日、アクセンチュアはインド・プネーのSPインフォシティーに新しい開発拠点の構築を公表した。同施設は1,200人規模であり、同社がアジア太平洋地域に所持する2番目に大きい研究開発拠点である。拡張現実(AR)・人工知 …

2月25日、韓国のNH農協銀行は、サムスン電子など韓国大手企業が参加するコンソーシアムにより開発されたモバイルIDシステムを導入することについて同国の中央日報が報じている。 同コンソーシアムにはサムスン電子・KEBハナ銀 …

2月26日、アラブ首長国連邦(UAE)メディアのザ・ナショナルによると、米格付け機関ムーディーズは、UAEの新ブロックチェーンベース顧客確認(KYC)プラットフォームが同国の貸付業者に効果があると評価した。資産内容の質を …