OasisLabs:BMWと共同でデータプライバシープロジェクトを構築


まとめ
OasisProtocolブロックチェーンを活用するOasisLabsはデータプライバシープロジェクトを自動車大手のBMWと共同で構築することを明らかにした。同プロジェクトでは、個人データへのアクセスを制限しつつ取得可能にする新たな方法構築を目的としている。

OasisProtocolブロックチェーンを活用するベンチャー企業OasisLabsは、BMWグループと共同で構築したデータプライバシープロジェクトについての情報を公開した。

今週に発表された両社の共同プロジェクトの目的は「取得できる情報とその方法を制限しながら、個人データにアクセスする新しい方法を構築すること」であるという。

Oasisはこの制約されたアプローチを「差分プライバシー」と称し、特定個人における情報取得のために集計データを操作できないことを保証するための試みであると定義付けた。例を挙げると、データセットにある値の平均とその平均を構成する参加者の数が存在する場合、平均読み取り値における変化の追跡を行うことで、単一の新しいエントリーの匿名化を簡単に解除することが可能になるという。

このソリューションでは個々のクエリを書き換え、基本になるデータを難読化が行われることも明らかになっている。同社によれば、絶対値・乱数生成・自然対数・符号関数など、基本的な数学関数のセットをサポートするデータベーステクノロジーが差分プライバシーソリューションで使用されるため、これらがデータの難読化を可能にしたのだ。

またBMWとの共同実施により、企業環境で差分プライバシーソリューションが実装されるという。現在は初期段階にあるものの、今後はBMWグループの内部管理システムで差分プライバシーにおけるアプリケーションのテストを行うことが第1目標であると発表されている。これによりプライバシーを保証しながら、内部チームと外部パートナー両方のデータアクセスを可能にするのである。しかしこのテストはOasis Protocolブロックチェーンを含まず、パーミッション型の台帳で実行されるということがすでに公になっている。

 

BMWについての関連記事はこちらから

トヨタ:ブロックチェーンで人と車を繋ぐ/次世代の車社会の変化

Previous NTTデータ開発のブロックチェーン・プラットフォームを用い、貿易事務の本格的なデジタル化へ
This is the most recent story.