セブン銀行出資のLightnet:タイの大手銀行と協力/海外へブロックチェーンで送金


まとめ

セブン銀行やシンガポールの大手銀行などが融資する、フィンテックのライトネットグループ(Lightnet Group)が、タイ大手銀行のサイアム商業銀行との協力に同意した。

ライトネットは、タイ最大財閥のチャロン・ポカパン(CP)グループを先導するタニン・チャラワノン上級会長の甥であるチャチャワン・チャラワノン氏が共同設立したスタートアップである。ブロックチェーンを用いて、手数料を大幅にカットした海外送金サービスの開発を推進してきた。

サイアム商業銀行と協力することにより、ライトネットはタイの国内送金サービス「プロンプトペイ(PromptPay)」を使用するユーザーへ同社のサービスを提供することができる。

プロンプトペイは、タイ政府も後押ししており、銀行口座に関連している携帯電話の番号・同国のIDを使用して、ATMやモバイルバンキングで送金するサービスである。ユーザー数は約4,650万名、タイの総人口約6,950万名の3分の2に相当する。

今年、ライトネットはスイスのSEBA Bankとも提携契約を結んでいる。以前まで、同社は、3,120万ドル(約32億円)の資金調達をユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)のベンチャーキャピタル・セブン銀行・韓国のハンファ投資証券(Hanwha Investment and Securities)等の多数の企業から行なっている。

今月、ライトネットは開発した送金基盤を用いて初の取引を実施した。

Previous TIS:医療費のキャッシュレス決済実験をスマートシティ会津若松で始める
Next SBI:10件以上のSTO実績を持つ米セキュリタイズへ出資