シンガポール:ブロックチェーン決済システムの実用化へ


まとめ
シンガポールの中央銀行はJPモルガンの技術を活用したブロックチェーンデジタル資産決算システムの試験運用を成功させ、報告書にまとめた。複数の通貨に対応するプラットフォームの雛形を目指しており、成功すればグローバルプラットフォームの基礎となる可能性を秘める。

7月13日、シンガポールの中央銀行にあたるシンガポール金融管理局と政府系投資会社Temasekは、ブロックチェーン技術とデジタル通貨使用の決済プラットフォームにおける試験運用を成功させたことについて報告書にまとめた。

さらに金融管理局とTemasekは報告書内で「次の挑戦は現実的な課題解決のための商業ソリューションを構築することである。」とも述べている。

今回行われた決済プラットフォーム・プロジェクトの「Ubin」は様々な法定通貨に対応しており、米銀最大手JPモルガン・チェースのブロックチェーンとデジタル通貨における技術を活用している。

本プロジェクトは2016年に開始され、2019年11月からの第5フェーズでは資本市場・サプライチェーン金融・保険などの分野までを視野に入れたものとなっている。

さらにUbinは複雑な金融取引の効率化を実現しており、外貨取引やクロスボーダー決済の手数料を削減し、従来のエスクロー口座に代わる安全な代替手段としてスマートコントラクトを使用した。

現在、シンガポール金融管理局はUbinをユーザーが直接取引可能な、複数通貨に対応したプラットフォームの雛形にできるかを検討しているという。これが成功すれば、各国の中央銀行にとってのグローバル決済プラットフォームの基礎となる可能性もあると報告書内で述べている。

Temasekの関連記事はこちらから

HSBCが検証トライアル:ブロックチェーン、債券市場を効率化可能か

Previous アメリカ政府:暗号通貨業界に3,000万ドルの緊急融資
Next 三井住友銀行:ブロックチェーンを用いた貿易取引基盤の「Contour」と「Komgo」に参加