アリババ:ブロックチェーン戦略活発化/開設した中小企業対象のプラットフォームの意図と役割


まとめ
2020年4月以降アリババはブロックチェーン関する動きを活発化させ、4月中旬位は企業向けに「螞蟻開放聯盟鏈」を立ち上げた。同サービスは中小企業が同社のブロックチェーンに低コストでアクセスできるようにするサービスである。

2020年4月以降、アリババはブロックチェーンに関連する動きを活性化させた。4月中旬に、アント・ブロックチェーンが企業向けブロックチェーンプラットフォームである「螞蟻開放聯盟鏈(アント・ブロックチェーン・オープン・アライアンス)」を設立した。

アリババは創業以来から中小企業に寄り添い、ここ何年かはクラウド・ブロックチェーンの技術を使用して中国のデジタル化に貢献してきた。巨大プラットフォーマーであるアリババにとって、このアント・ブロックチェーン・オープン・アライアンスはどのような役割を遂げるのだろうか。

アリババ・クラウド(阿里雲)、誕生から瞬く間に拡大するが世界シェアは未だ5%弱

アリババの飛躍を分析する上で大切となる節目は2009年だ。2009年9月にクラウドコンピューティング子会社のアリババ・クラウド(阿里雲)を創設し、11月に第1回独身の日セールを開催している。「阿里雲」と「独身の日」は、2010年代のアリババ急成長の原動力になった。

独身の日セール売上げは、第1回の5,000万元(7.7億円)から、昨年の11回目は2,684億元(4.1兆円)へ、5,000倍以上も拡大した。阿里雲は、この驚くべき成長をシステム面でサポートした。阿里雲に関する主な年表は以下の通りである。

2011年7月 クラウド事業の外販を始める

14年10月 金融子会社「螞蟻金服」(アント・フィナンシャル)設立

15年1月 中国鉄道総公司の予約発券システムを担う

16年5月 日本進出(ソフトバンクとの合弁・SBクラウド設立)

17年10月 研究機構「達磨院」創設

17年11月 阿里雲「城市大脳」で国家AIプロジェクトに選出される

Canalysの世界クラウド市場シェア調査(2019年)によると、阿里雲は4位に入った。

AWS……32.3.%

Microsoft Azure……16.9%

Google Cloud……5.8%

阿里雲……4.9%

今やネット通販企業のシステム子会社ではなく、世界の5指に入るクラウドコンピューティング企業である。中国国内シェア(2019年Q3)でも、阿里雲46.4%・騰訊雲8.8%・AWS8.6%とライバルのテンセントに大きく差を付けている。

ブロックチェーンへシフト・医療と著作権に尽力

クラウド事業に乗りかかって10年弱、2018年、アリババはいよいよブロックチェーンに本腰を入れる。

同年8月、アリババ創業ジャック・マー会長はアリババが重要視する3つの事業として、「金融分野のブロックチェーン」「人工智能(人工知能)」「IoT」とブロックチェーンを一番に挙げた。報道によると、杭州市のアリババ本社を訪ねたマレーシアのマハティール首相に対する発言である。

さらに螞蟻区塊鏈(アント・ブロックチェーン)創設の翌月、「阿里雲 BssSブロックチェーン商業化大会」を深圳市で開催。Hyperledger Fabricの正式な商業化を公表した。阿里雲のBaaSは、Hyperledger Fabric、アント・ブロックチェーン、Quorumの3つメインエンジンを支援している。

阿里雲幹部は、ブロックチェーンの業務上の価値と適用に関して紹介。阿里雲がカバーするIoT・AIなど他の技術とも合わせることで、豊富なソリューションを提供可能であることをアピールした。この大会以降、ブロックチェーン活用の動きは加速が増した。以下、主な動きである。

2019年

4月 阿里雲が支付宝と共同で「ブロックチェーン医療ソリューション」宣言

5月 医療ベンチャーの塞力斯と提携

11月 映画配信にブロックチェーン導入

12月 コンソーシアム・ブロックチェーンを安全高速にする米国特許2件を公表

2020年

4月 

  • 螞蟻開放聯盟鏈(Ant Open Alliance Chain)設立
  • 地下鉄乗車券をブロックチェーンで統合
  • バイトダンスがアント・ブロックチェーンに参加、著作権や電子身分証に使用
  • 知的所有権裁判にアント・ブロックの技術が導入

5月

  • 音楽著作権保護関連で、米国に特許を申請
  • ンテルと提携し、リースのサプライチェーンをブロックチェーンで管理
  • アント・ブロックチェーン、南京市と“タイムバンキング”モデルのシステム設立に協力

以上を見ると、医療・養老関連と著作権・知的所有権関連が複数に及ぶ。

地下鉄乗車券をブロックチェーンで統合(20年4月)

アント・ブロックチェーンを用い、地下鉄を統一切符として、長三角(上海市・浙江省・江蘇省デルタ)各大都市の軌道交通(地下鉄+ライトレール)をカバーすることになった。地下鉄アプリを用いて、同地域の都市の軌道交通に乗車可能。最大の難点であった各都市で異なった運賃の清算を、即座に行えるようになった。

ここでは既に、AliPayが上海市で提供していたmPaaS(モバイル・パッセンジャー・アズ・ア・サービス)というシステムの応用経験を生かした。大量のトラフィックを取り扱うことができ、全国展開を目標とする。

インテルと提携、リースのサプライチェーンをブロックチェーン化(20年5月)

アント・ブロックチェーンの子会社「アント・ブロックチェーン・テクノロジー(螞蟻区塊鏈科技)」が米国インテルと戦略提携で賛成し、インテルのチップを搭載したハードウェアのリースのサプライチェーンをブロックチェーンで管理することになった。

2016年、アント・ブロックチェーン・テクノロジーは、アント・フィナンシャルの完全子会社である杭州螞蟻未来科技有限公司(杭州アント・フューチャー・テクノロジー)が新設した。

アント・ブロックチェーン、南京市の“タイムバンキング”モデルのシステム設立で協力(20年5月)

高齢化の進む南京市が独自に取り組む「タイムバンキング」モデルは、介護等のボランティア活動を数値化し、交換できることで参加者のインセンティブを高める取り組み。これをアント・ブロックチェーンがシステム面でサポートすることになった。

南京市の65歳以上の人口は100万人(全体の15%)といわれ、中国でも高齢化が進んだ都市の1つである。2012年から、タイムバンキングモデルは同市が主に独居の高齢者対策として取り組んできた。

アント・ブロックチェーン・オープン・アライアンスが担う役割

2020年4月、アリババはブロックチェーンに関連する動きを一段と強めた。4月中旬に、アント・ブロックチェーンが企業向けのブロックチェーンプラットフォーム「螞蟻開放聯盟鏈」(アント・ブロックチェーン・オープン・アライアンス)を設立したのは、その合図と言える。

螞蟻開放聯盟鏈は、中小企業がアリババのブロックチェーンに低コストでアクセスできるように提供するサービスである。参加すれば、トレーサビリティ・契約管理・サプライチェーン・倉庫保管・セキュリティー等のブロックチェーンが得意とする分野のソリューションでのコストを大幅に減少することが望まれる。

アリババは創業以来、常に中小企業に寄り添い、共に近代化を推進してきた。螞蟻開放聯盟鏈はアリババの「デジタル・チャイナ戦略」のラストピースとなるのか。最近の提携活発化からすれば、その答えは1~2年で明白になりそうだ。

アリババに関する記事はこちら

アリババ:音楽検証のためブロックチェーン利用特許を取得

Previous 【導入事例】「纸贵科技(ジッグラト)×ブロックチェーン」の中国プロジェクト
Next アクセンチュアが生体認証にブロックチェーン技術を応用 オランダ、カナダと提携