アリババ:音楽検証のためブロックチェーン利用特許を取得


まとめ
音楽のオリジナリティを検証するたアリババはブロックチェーンを利用しする特許を取得した。これにより楽曲の著作権の保護する目的だ。検証ノードが楽曲の「オリジナリティ分析」を行い、メロディ・テンポ・歌詞などから類似性を図る。

アリババはブロックチェーンを使用することで、楽曲のオリジナリティを検証するための特許を取得したことを明らかにした。

4月21日、米特許商標庁に認められた方法ではブロックチェーン上にコンテンツを保存・検証することによって、音楽業界の大きな問題の1つである「楽曲の著作権の保護」に対処するという。

このブロックチェーンは、1つの検証ノードと複数の音楽ライブラリノードで構成する。検証ノードは、メロディ・テンポ・歌詞・ビートなどの要素がライブラリ内の他の楽曲とどの程度類似しているかなど、楽曲に対して「オリジナリティ分析」を実行し評価するのが目的となっている。

このデータはブロックチェーン上に公開され、類似度も含む検証レポートにまとめられることがすでに明らかになっている。最終的にはこのプロセスを通して楽曲のオリジナリティについてアドバイスを行う方針である。

これについてアリババは「この方法による楽曲の調査は、既存の著作権保護対策を回避して、音楽ファイルを侵害している模倣者を排除できる。」と述べた。

さらに「現状、盗作または模倣された曲を特定するために音楽作品の類似性分析を実行できるプラットフォームはまだない。おそらく模倣犯が悪用できるほどに今ある欠陥は大きい。しかし、この検証を用いることでブロックチェーン使用のオリジナリティ分析は問題を軽減できる。」と発言している。

また、世界中の音楽ライブラリはすべて分散ノードとして機能し得るため、世界中で利用可能となっている。

アリババはオリジナリティレポートを1回のやりとりで実行するスマートコントラクトを想定。これについては「スマートコントラクトは、人間の関与を減らし、分散化した権限のメリットを生かして実行され、楽曲のオリジナリティ分析における公平性をさらに向上させることができるだろう。」と述べた。

 

アリババの関連記事はこちらから

中国アリババ:ブロックチェーン追跡機能をeコマースプラットフォーム「コアラ」に追加

Previous Apple・Google:新型コロナウイルスの濃厚接触検出・追跡ソリューションを共同発表
Next 新型コロナ:欧州、一時的にブロックチェーン支出は減少/政治プロセスにも改革