Apple・Google:新型コロナウイルスの濃厚接触検出・追跡ソリューションを共同発表


まとめ
スマートコントラクト・プラットフォーム「ベースラインプロトコル」を利用し、AppleとGoogleは新型コロナウイルスの濃厚接触検出・追跡ソリューションを共同発表した。5月にAndroidおよびiOS端末間で相互運用可能なAPIをリリースする予定だ。

エンタープライズ向けのスマートコントラクト・プラットフォーム「ベースラインプロトコル」の医療検査分野への適用に取り組んでいる開発者が、ブロックチェーンを利用した新型コロナウイルス感染症の濃厚接触検出・追跡ソリューションを提案した。その中で、AppleGoogleの濃厚接触検出・追跡技術において確認された問題の解決に取り組んでいることが明らかになった。

2020年4月10日、同社は政府と保健機関による感染拡大防止活動の支援を掲げ、Bluetoothを利用し濃厚接触の検出・追跡を可能にするソリューションを共同で発表を行なった。すでにAndroidおよびiOS端末間で相互運用可能なAPIを5月にリリースすることが予定されている。また、発表後数ヵ月をかけて同APIをOSに組み込むことで、より広範にコンタクト・トレーシングを行えるプラットフォームの実現を目指すという。

発表によると、Bluetooth LE技術のBLE Beacon機能を利用。10~15分間などの間隔でローリング近接IDを発信し、受け取り日時と電波強度を履歴としてデバイス上に14日間記録することが可能となっている。Bluetooth規格ではGPSと違い距離や方角などの情報は持てないものの、電波強度によってデバイス間の距離を割り出すことができる。

感染が確認された場合、そのスマートフォンの持ち主の日次診断キーが「中央サーバー」にアップロードされる。AppleとGoogleの共同APIを利用している公衆衛生当局製アプリは、これを基にローリング近接IDを再生成した上で保存中のIDと比較し、濃厚接触したかどうかを検出する。検出処理はスマホ上で行われ、その結果が中央サーバーに報告されることはないという。

4月15日、日本では「東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト」開発を手がけた非営利団体コード・フォー・ジャパンが「コンタクト・トレーシング・アプリ」を発表。シンガポール政府が公開したオープンソースプロジェクト「BlueTrace」を基に5月公開目途として開発を進めており、AppleとGoogleの共同APIにも対応予定となっている。

分散コンタクト・トレーシング

コンセンシスのグループ・エグゼクティブであるジョン・ウォルパート氏は「ソリューションは『匿名』IDが政府や他組織にプールされることを意味している。」と述べている。AppleとGoogleが匿名性を謳っているものの、その取り組みが根本的に中央集権的であることを問題にあげている。

またベースラインの利用で、Googleやフェイスブックが明文化した計画よりもプライバシー保護とセキュリティに優れたコンタクト・トレーシングを提供できると主張した。

さらに同氏は「このシステムがAI技術に長けた友人がいる政府が、『興味深い』学習済みアルゴリズムを生成可能にするような、『匿名』IDのグループの収集を防ぐ。」と述べた。

 

Appleの関連記事はこちらから

Appleがアラスカ環境再生プログラムから金を確保:サーモンとの共生目指す

Previous チェイナリシス:業務拡大を目指し、新パートナープログラムを実施
Next アリババ:音楽検証のためブロックチェーン利用特許を取得