大手商社の丸紅:ブロックチェーンを鋼管製品のトレーサビリティに使用


まとめ
大手商社の丸紅はブロックチェーン技術を利用したトレーサビリティを鋼管のトレードにおいて実証実験を開始する。鋼管製品の真正性を証明を可能にする事が目的であり、ブロックチェーン・ソリューションズ社のシステムを利用して実験は行われる。

3月24日、大手商社の丸紅は、鋼管のトレード上でブロックチェーン技術を用いたトレーサビリティの実証実験を始めることを発表した。ブロックチェーンで、鋼管製品の信憑性を証明可能にする。

発表よると、丸紅が50%出資している伊藤忠丸紅鉄鋼(MISI)の鋼管のトレードにおいて、実証実験を実施する。MISIで資金調達した鋼管を対象に、鋼管に関連する各種データをブロックチェーンに連携させ、トレーサビリティに関係する情報の信憑性向上を目標とする。

同実証実験において、シンガポールのブロックチェーン技術のアプリケーション開発企業である、ブロックチェーン・ソリューションズ社(Blockchain Solutions Pte. Ltd)がシステムを築き上げる。

丸紅に関する記事はこちら

丸紅、リトアニアのスタートアップ企業と締結:電力分野におけるプラットフォーム開発に参入か

Previous リップルがサポートするブロックチェーンゲーム企業Forte:5社のゲーム開発企業と協働開始
Next チェイナリシス:業務拡大を目指し、新パートナープログラムを実施