スクウェア・エニックス:「The Sandbox」の開発に約2億2,000万円の出資


まとめ
スクウェア・エニックスなどはブロックチェーンによる仮想世界プラットフォーム「The Sandbox」を開発に約2億2,000万円の出資を行ったことが明らかになった。同プラットフォームは物や建物を作るなどのゲーム体験ができる。

3月20日、中国・香港を拠点とするゲーム開発会社のAnimoca Brandsはブロックチェーンによる仮想世界プラットフォーム「The Sandbox」を開発する同社子会社のTSB Gamingが、スクウェア・エニックスなどから暗号通貨を含む約2億2,000万円の出資を受けたことを明らかにした。

The Sandboxは3Dボクセルによる仮想世界である。ここでは物や建物を作るなど様々なゲーム体験ができる仮想空間プラットフォームとなっている。プレイヤーは所有する土地・キャラクター・アイテム等をEthereumブロックチェーンによる代替不可トークンとして売買することが可能となっている。

2019年7月から9月の期間、TSB GamingはThe Sandbox内で利用できるようになるSANDユーティリティトークンの発行およびSAFE債による資金調達を実施した。スクウェア・エニックス・True Global VenturesB Cryptosら複数の投資家を引受先とし、現金で83%、Bitcoin・Tetherの暗号通貨17%からなる総額201万米ドルを調達する契約を締結したという。

The Sandboxゲームシリーズはゲームプラットフォームであり、2012年に携帯電話向けに開発された。その後、Windows版等が登場し、ダウンロード数は4,000万を超え、月間アクティブユーザー数100万人を有する人気ゲームシリーズとなっている。

現在開発中のブロックチェーン版The Sandboxは、ユーザーがボクセルアイテムとゲームの世界を作れるようにすることで、新たな創造性と商業的な可能性を生み出すことができるという。プレイヤーが生成したデジタル資産はその希少性に応じてERC-721またはERC-1155規格の代替不可トークンになることもすでに公表されている。

2020年後半にローンチ予定となっているブロックチェーン版The Sandboxは、仮想空間内の土地を販売する2回のプリセールを行い、すでに1万以上の土地を売却し終え、1,300ETHを超える資金を調達している。3月31日には、第3回となる土地の先行販売を予定している。

Animoca Brandsの関連記事はこちらから

10月5日開催!海外出張の必要無し!世界的有名ブロックチェーン企業18社が日本企業との提携を熱望!『UNBLOCK TOKYO』

Previous パナソニック:高度技術研究者の新卒・中途採用を始める
Next ブロックチェーンコンテンツ協会:利用者保護に向けガイドラインを作成