リップル:ディーマネーと共同でクロスボーダー送金を運営


まとめ
リップルはタイのフィンテック企業ディーマネーと共同でブロックチェーンを活用したクロスボーダー送金を行う。海外に出稼ぎに出るタイ人の送金を支援する。ディーマネーは、タイでリップルネットを活用する最初の非金融機関だという。

リップルがタイのフィンテック企業と新たな契約を結んだことが明らかになった。

3月18日、リップルはタイのフィンテック企業ディーマネー提携。リップルのブロックチェーン「リップルネット」を活用したクロスボーダー送金を行うことを発表した。ディーマネーはタイでリップルネットを活用する最初の非金融機関となっている。

ディーマネーはリップルネットを使用することで海外からタイへの送金を処理することを可能にしている。タイから世界各国に出稼ぎに出ている労働者は100万人にも達しているため、海外からタイへの送金需要が活発となっている。発表によると韓国・インドネシア・シンガポール・イスラエル・中東地域からの送金が多くなっていると公表された。

将来的には、インバウンドだけでなくタイ国外へのアウトバンドの送金もリップルネット使用で可能にする計画だという。

ディーマネーのCEOは今回の提携について「タイでのクロスボーダー取引に新しいレベルの効率性とアクセシビリティをもたらすことでタイの金融の民主化を目指す。」と語っている。

リップルの関連記事はこちらから

フォーブス:2020年版・フィンテック50/メーカーDAOなど追加

Previous TIS:住友生命保険が行う実証実験への支援を発表
Next EYジャパン:日本酒の偽造にブロックチェーン導入