三井物産:LayerXとデジタル資産運用で共同会社/SMBC日興・三井住友信託銀も参入


まとめ
三井物産はブロックチェーン事業を手がけるLayerXと共同で世代アセットマネジメント会社を設立し、これにSMBC日興証券・三井住友信託銀行も参画する。新会社はシステム開発や実証ファンドの組成し、4つの目標を元にアセットマネジメントを行う。

3月19日、LayerXは、三井物産がブロックチェーン事業を行うLayerXと共に、4月に次世代アセットマネジメント会社を創設することを発表した。SMBC日興証券三井住友信託銀行も参入する。

三井物産は不動産などのオルタナティブ資産を対象としたアセットマネジメントにメリットを持つ。金融商品の見解・発行体・投資家へのアクセスがあるSMBC日興証券と、実物資産を証券化する業績が多い三井住友信託銀行も協力し、ブロックチェーン技術に強いLayerXがシステムを開発する。

仮の社名は三井物産デジタル・アセットマネジメントで、4月を創設予定としている。資本金は5億円を予測し、出資比率は三井物産が54%、LayerXが36%で、SMBC日興証券と三井住友信託銀行は5%ずつである。

新会社、三井物産デジタル・アセットマネジメントの目標

新会社では、システム開発や実証ファンドの構成を行っており、システムは実証版の開発を完了している。三井物産のグループ企業も参入し、投資案件のソーシングやファンド構成、販売流通で連携する。

発表では、新会社設立の背景・理由を列挙した。不動産をはじめとする実物資産の証券化商品には、数少ない投資家のみしかアクセスできない現状があることや、証券化や証券の管理では多数の人手が介入する等のコストが必要であり、改善の余地があること等を指摘した。

同社の目標は、以下の4点の実現だ。

  • 取引・管理・執行の各時間コストの削減
  • 運用会社の透明性向上
  • ファンド設計の規格化・小口化・適正な流動性の追加
  •  今までのコスト面で割に合わなかった投資対象の証券化
Previous 暗号資産取引所バイナンス:インドで50億円以上の資金立ち上げ/ブロックチェーンスタートアップサポート
Next 4月開催のブロックチェーン技術の見本市が延期