コンセンサス:新型コロナウイルスの影響で開催場所をバーチャル上に変更


まとめ
暗号資産・ブロックチェーンイベント「コンセンサス」は新型コロナウイルスの影響を受けバーチャル開催を行うことを発表した。バーチャル上でのコンセンサスは5月頃に開催される予定で、参加者は世界中から無料で参加できる。

3月13日、毎年恒例の暗号通貨・ブロックチェーン関連のイベント「コンセンサス」が、新型コロナウイルスの影響を受けてニューヨークではなくバーチャル上で開催されることを主催者のコインデスクが明らかにした。

コインデスクによると「コンセンサス2020」は完全なバーチャルでの体験になるという。参加者は世界中から無料で参加できるようになり、すでにチケット買った人は60日以内に返金を受けることが可能となっている。

バーチャル上でのコンセンサスは5月に開催される予定だ。コインデスクは「来年にはニューヨークで再びコンセンサスを開催し、これまでになく最高のイベントにする。」と自信を示している。

新型コロナウイルスの拡散を防ぐためにニューヨーク州のクオモ知事は、500人を超えるイベントの開催を禁止するとすでに発表していた。

コインデスクは今回のコンセンサスについて「最高水準のプラットフォーム提供者と共同でコインデスクに期待できる質の高いコンテンツによって仮想通貨コミュニティ全体を1つにすることにコミットする。」と決意表明を行なっている。

フォーマットとしては「コインデスクの経験豊富なジャーナリストとモデレーターが仕切るテレビのような体験」となっている。

コンセンサスの関連記事はこちらから

アメリカ人材サービス大手:ブロックチェーンをマッチングに用いる

Previous イタリア・高校:ブロックチェーン使用でデジタル卒業証書の発行を開始
Next 暗号資産取引所バイナンス:インドで50億円以上の資金立ち上げ/ブロックチェーンスタートアップサポート