スタートバーン:本格稼働「アート×ブロックチェーン」


まとめ
スタートバーンはアート領域でのブロックチェーン活用開発を本格稼働させるため正式に名称を「Startrail」に決定した。同技術はアート作品の来歴情報を記録し、作品の所有権などを電子的に管理する。今月中に自社サービスのベータ版を公開する予定だ。

3月13日、アート分野でのブロックチェーン使用に取り組むスタートバーンは、同社が開発する「アート・ブロックチェーン・ネットワーク(ABN)」の正式名称・新ロゴデザインを公表した。本格稼働に沿って、名称を「Startrail」(スタートレイル)に確定した。

ABNは、従来のテストネットで運用してきた。Ethereum上でスマートコントラクトを使用して築かれたABNは、アート作品の来歴情報を記録している。ERC-721トークンを利用して証明書を発行し、作品の所有権を電子的に管理することが可能になる。SBIアートオークションが開催する美術品の競売会等で実際にABNが用いられるなど1年以上の実証期間を経た。名称変更をきっかけとして、本格稼働する。

Startrailは、写真用語「star trail」から命名された。定点撮影で映る星の軌跡を意味している。アート作品が来歴や信頼を、星の軌跡のように受け継ぐネットワークの様子を表している。ABNは、引き続きStartrailの機能説明として用いる。

今後、Startrailはホワイトペーパーで公表したスケジュール通り、2020年5月頃にAPIを公開する。さらに、3月中にはStartrailを用いた自社サービスのベータ版をリリースする計

Previous 石油大手シェル子会社:ブロックチェーンベースの再生エネルギー管理システム
Next イタリア・高校:ブロックチェーン使用でデジタル卒業証書の発行を開始