石油大手シェル子会社:ブロックチェーンベースの再生エネルギー管理システム


まとめ
石油大手シェル子会社はエネルギー・ウェブ財団と協力しブロックチェーンを使用したバーチャルパワープラント(VPP)を構築する。これにより近年増加している過剰な再生可能エネルギー供給を吸収・管理する狙いがある。

3月12日、石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルの子会社ゾンネン・グループは、エネルギー・ウェブ財団(EWF)と共同で、EWFのブロックチェーンを用いてドイツにバーチャルパワープラント(VPP)を築き上げることを発表した。

同VPPは、住居用エネルギー保存システムの分散型ネットワークで、余計な風力エネルギー供給を吸い込む目的がある。

ドイツは、再生可能エネルギー生産が急成長している。

一方で、季節的な原因で再生可能エネルギーが過剰になっている。2018年の再生エネルギー総量は5.4テラワットアワー(TWh)で、2019年は第1四半期だけで風力エネルギー量は3.2TWhである。

ゾンネンのVVPは余計な風力エネルギーを吸い上げ、地域のパワーグリッドを同社のネットワーク「Sonnenbatteries」に保存することにより支援している。

同グリッドとゾンネンのトランザクションは、スマートコントラクトが用いられている。トランザクション手数料にはステーブルコインのダイ(DAI)が使われている。

Previous アリババ:ブラジルでブロックチェーン基盤システムの特許を登録
Next スタートバーン:本格稼働「アート×ブロックチェーン」