ステイクテクノロジーズ:「Xcelerator」に日本企業として初めて採択


まとめ
ステイクテクノロジーズは大学主催のブロックチェーンアクセラレーションプラグラム「Xcelerator」に日本企業として初めて採択された。同社は安全性や互換性を保ちながら自由にブロックチェーンを開発できるソフトウェアなどを行う。

3月10日、ステイクテクノロジーズは米国カリフォルニア大学バークレー校主催のブロックチェーンアクセラレーションプラグラム「Xcelerator」に採択されたことを明らかにした。世界の140を超える応募事業の中から17社が採択され、その1社となっている。ステイクテクノロジーズは「Xcelerator」に採択された初の日本企業となる。

Xceleratorはバークレイ校の工学部・Haas SchoolBlockchain at Berkeleyによって提供される6か月間の事業支援プログラムである。2020年9月のサンフランシスコ・ブロックチェーンウィーク中に成果発表が企画されている。支援中はシリコンバレーや世界を代表する投資家や企業などから、事業やピッチに対するアドバイスやメンタリングを受けるイベントが用意されているという。またBerkeleyのOB・OGからなるアルムナイネットワークや研究者ネットワークにアクセスすることも可能とされている。

ステイクはブロックチェーン企業であり、Web3財団が展開する異なるブロックチェーンを繋げるためのプロトコル「Polkadot」プロジェクト関連の助成金プログラムにて、3度の助成金を獲得する実績を持っている。Polkadotの安全性や互換性を保ちながら自由にブロックチェーンを開発できるソフトウェア「Substrate」の開発・運用に特化し、Substrate上の取引を高速化するためのPlasm技術を提供している。

今回アクセラレーションプログラムに採択されたことにより、ステイクは世界最先端のシリコンバレーのブロックチェーンエコシステムに参加することとなる。世界で使われるプロダクトとして、同社の開発を加速させる効果が期待されている。

カリフォルニア大学の関連記事はこちらから

マスターカード・バイナンスX・リップルXpring:ブロックチェーン教育アライアンスに参入

Previous 旧金融勢力 VS 新金融・フィンテック勢力:対決の結果とは
Next Celo:「Alliance for Prosperity」を発足