英国・国際貿易省:米国と自由貿易協定交渉でブロックチェーンについて議論


まとめ
英国の国際貿易省は米国との自由貿易協定(FTA)交渉でブロックチェーンについても議論する予定だ。「野心的なデジタル取引条項を通じ、グローバルルールの生成を支援する」と英国は述べている。

英国の国際貿易省は、米国との自由貿易協定交渉でブロックチェーンについても議論する予定を明かしている。国際貿易省が公表した資料の中で、ブロックチェーンを含むデジタルエコノミーについてのグローバルルールの形成を行うと発表した。

「データフロー・ブロックチェーン・自動運転車・量子テクノロジーなどの分野においては、野心的なデジタル取引条項を通してグローバルルールの形成を支援する機会とする。」と述べている。

国際貿易省の資料の中では具体的な交渉の方針にまでは言及されていないものの、今後の米国と英国とのFTA交渉の中で、具体的な議論がされていくと予想されている。

ブロックチェーン企業クラウスのCEOであるピーター・ハン氏は、コインデスクに対し「ブロックチェーンについて米英の2ヵ国が協議することは有益だ。」と述べている。

ハン氏はスマートコントラクトや分散型台帳技術システムのインターフェイスが標準化されることで、財務やコンプライナスのコスト削減につながる機会を提供することができると期待している。

英国の関連記事はこちらから

イギリス:クリケットクラブがブロックチェーンを基盤とした発券システムの導入開始

Previous IMF専門家ら:「中央銀行デジタル通貨へのブロックチェーン導入は慎重になるべき」と指摘
Next ボーイング:ブロックチェーンで1,000億円程の航空機部品を追跡・販売へ