携帯大手ボーダフォン:ダイバーシティ規準をサプライチェーン管理ブロックチェーンに組み込む


まとめ
携帯大手ボーダフォンはブロックチェーンベースのサプライチェーン管理に調達決定に影響を与えるダイバーシティ基準を盛り込むことを発表しました。これは同社は女性所有企業を支援する非営利団体などと協力し、プロジェクトを進めていく。

3月6日、携帯大手ボーダフォンは国際女性デーに先立って、テクノロジーに関する業界のダイバーシティの実現を目指した取り組み「#ChangeTheFace」を公表した。その一環で、サプライチェーン管理ブロックチェーンおいて調達判断に影響を及ぼすダイバーシティ規準を実装する。

公示によると、ボーダフォンはテクノロジーに関する業界のダイバーシティならびに社会包括を促進する取り組みを行う。女性所有企業をサポートする非営利団体「WEConnect International(ウィコネクト インターナショナル)」とも連携し、サプライチェーンのダイバーシティとその統制を進める。

ウィコネクト インターナショナルは、女性・マイノリティ・LGBT・障がい者が所持する企業が、大企業のサプライチェーン内で商品・サービスを提供するチャンスを獲得するための取り組み「サプライヤー・ダイバーシティ」を発展している。

ボーダフォンは、初期メンバーとして「トラスト・ユア・サプライヤー(TYS:Trust Your Supplier)」に関与しており、同発表ではサプライヤーの入札の際に、安全性・技術等の基準と並び調達確定に影響を及ぼすダイバーシティ基準の実現を明白にした。

トラスト・ユア・サプライヤー

2019年8月6日、IBMとブロックチェーン企業のチェーンヤード(Chainyard)は、TYSをサプライチェーン管理に関する新しいブロックチェーン・プラットフォームとして公表した。

TYS上では、サプライヤーの確認のためにデジタルIDを作成し、サプライヤーは選んだバイヤーとネットワーク上で情報を共有できる。新サプライヤーの適正・認定・管理作業上の時間とコストカットが可能である。時間を要する手作業を消去し、詐欺やエラーのようなとリスクを和らげる目的がある。

Previous ブラジルの有名スポーツ起業家:サッカー選手をトークン化するブロックチェーンを創設
Next HSBC・BNPパリバ・シティ:ブロックチェーン貿易金融プラットフォーム「Contour」を公開