ブラジルの有名スポーツ起業家:サッカー選手をトークン化するブロックチェーンを創設


まとめ
ブラジルのスポーツキャリア管理企業大手は、サッカー選手をトークン化するブロックチェーンを立ち上げることを発表した。10名の選手をトークン化し2020年後半までに運用を開始する予定だ。選手をトークン化することにより資金不足に苦しむ若手選手を支援する目的がある。

ブラジルの大手スポーツキャリア管理企業であるフィガー・グループのアンドレ・フィガー副社長は、サッカー選手のトークン化に注目している。アドバイザーとして関与する暗号資産イーサリアムベースの独自トークン「OLECOIN(オレコイン)」が、2020年後半に10人の選手をトークン化したベータ版の運用を始める計画だ。

フィガー副社長は、ブラジル版コインテレグラフに対し「ブロックチェーン技術とアスリートのトークン化は、アスリートのマネジメントを世界的に変革する可能性がある」と述べた。

フィガー・グループは、ブラジルのプロサッカー界上の多数の重大な傾向に参画している。中には、FCバルセロナへのジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト氏の移籍、レアル・マドリードのロビーニョの取得、中国サッカー・スーパーリーグの広州富力R&fによるジュニオール・ウルソ移籍が含まれている。

若手選手をトークン化によってサポート

フィガー副社長は、アドバイザーとして関与しているOLECOINの設立に関して公示し、「資金不足によるキャリアを断念せざるを得ない若いサッカー選手のサポートを狙いとしており、承認している」と語った。

加えて、世界で2億6,500万を超える人々がサッカーをするFIFAの情報と並行して、ブラジルが最多のスター選手を排出していると指示した。しかしながら、世界的に有名な選手の移籍等には何百万ドルも消費している中、途中で失われる多くの才能がある。

さらに、フィガー氏は「業界の課題の解決策はブロックチェーンであると考える。私たちは、オークションをエージェント相手に開催しているかのように、自分の子を提供する親の姿を絶えず目撃するようになった。家族の失望と、本人が家族の生活費を稼ぐ可能性とが、このような状態を作り出していることを把握する必要がある」と語った。

選手と投資家の利益

プロジェクト開発者によれば、マイクロ投資家が選手のトークンを獲得する体制で、これからの給料やマーケティング契約の一定期間のみ少人数が関われる等の、今後の債権に関与可能なエコシステムを作ることを目標としている。

フィガー副社長は、「私が関わっているOLECOINのような取り組みは、著しい才能はあるがお金がないという若い選手に、より多くのチャンスを与えることができる。スポーツ用具・十分な食事・交通費など、可能性を獲得するための場面で金銭的サポートがあれば、彼らにチャンスをもたらすことができる」と述べた。

OLECOINは、ドバイ政府機関「スマート・ドバイ」が開いたコンテスト「2019年スマート・ドバイ・グローバルブロックチェーン・チャレンジ」のファイナリストにも選ばれた。世界79ヵ国から700件もの応募があり、20件がファイナリストとして選出された。

またOLECOINは、2020年後半に10人の選手をトークン化したベータ版の運用を始める計画だ。

サッカーとブロックチェーンに関する記事はこちら

ユベントス:イーサリアム基盤のサッカーゲームと協力/C・ロナウドのデジタルカード作成

サッカー欧州大会UEFA EURO 2020:ブロックチェーンが全ての試合観戦券を発行

Previous ブラジル・教育省:ブロックチェーン利用のデジタル証書を発行を提案
Next 携帯大手ボーダフォン:ダイバーシティ規準をサプライチェーン管理ブロックチェーンに組み込む