ダッパーラボ:アプリケーション開発のためのインターフェイスを発表


まとめ
ブロックチェーン開発企業ダッパーラボは、Flowブロックチェーン上でアプリケーションを開発できるようにするインターフェイスを発表した。同インターフェイスを利用しユーザーはノンファンジブルトークンを作成し、マーケットプレイスの構築を可能にする。

3月5日、クリプトキティーズ開発企業のダッパーラボはディベロッパーがFlowブロックチェーン上でのアプリケーション開発を可能にするためのインターフェイス「Flow Playgraound」を公にした。

2019年9月、Flowブロックチェーンはダッパーラボが発表したブロックチェーンであり、同社は「アプリ・ゲームおよびそれらを動かすデジタル資産のエコシステム全体をサポートするために構築された、開発者にとって親切なブロックチェーンである。」と説明している。

今回発表したFlow Plyagraoundには、ダッパーラボの新しいプログラミング言語Cadenceが導入されており、開発者はスマートコントラクトを作成・実行することができる。Cadenceはトークン化されたアセットのプログラミングを簡素化するように設計されているだけでなく、SwiftとRustの機能が内蔵されていることも大きな特徴である。

Flow Playgroundを使用すると、ユーザーはノンファンジブルトークンを作成し、マーケットプレイスを構築できるという。

ダッパーラボの最高技術責任者であるディーター・シャーリー氏はコインテレグラフの取材に対し「NFT業界で活動している多くのチームがプラットフォームに興味を示している。他のプロトコル使用のスマートコントラクト実装における難しさを軽減するため、Flowブロックチェーンを構築している。」と述べた。

ワーナーミュージック・UFTと連携

Flowブロックチェーンの立ち上げ以来、ダッパーラボは主要なエンターテイメント企業といくつかの契約を結び、ブロックチェーンベースのデジタルアセット作成を実施。

2019年9月、ワーナーミュージックはダッパーラボと協力し、パブリックチェーンにトークン化されたアセットを作成すると発表している。

2020年2月25日には、格闘技団体UFCと提携を発表した。ダッパーラボはUFCブランドのデジタルグッズやブロックチェーンゲームを作成していくという。

ダッパーラボの関連記事はこちらから

イベント・UFC:ブロックチェーンを基盤としたデジタルグッズの提供を開始

Previous 新経連:ブロックチェーンの商用活用20事例をまとめる
Next 日本取引所グループ:業務処理に関する実証実験を開始