フォビ:金融機関向けDeFiブロックチェーンのテストを始める


まとめ
暗号資産取引所Huobiは金融機関に同社が今後展開するブロックチェーンはDeFi(分散型金融)アプリケーションとサービスの枠組みを提供すると考えている。これにより、金融機関はアンチマネーロンダリング(AML)と顧客確認(KYC)を準拠することができる。

暗号資産取引所フォビ(Huobi)は、これから同社が発展するブロックチェーンはDeFi(分散型金融)アプリケーションとサービスの構成を金融機関に提供することを考慮している。

2月29日、シンガポールに拠点を持つ暗号資産取引所フォビ(Huobi)は、特有ネットワーク「フォビ・チェーン(Huobi Chain)」のテストネットでの発展の成功を公表した。

同チェーンはレイヤー1プロトコル提供企業ネルボス(Nervos)と共同開発したもので、フォビはこの新ブロックチェーンによって企業や規制当局は、新しく台頭しつつあるDeFi市場への取り組み方法を確定できると述べた。

フォビのグローバルビジネス担当バイスプレジデント、シアラ・サン氏は「フォビ・チェーンによって、私たちは業界全体のコラボレーションを進める分散型フレームワークを提供したいと考慮している。これはDeFiの広範な普及に必要である」と語った。

銀行を含む金融サービス業界の企業は、フォビ・チェーンを用いてアンチマネーロンダリング(AML)と顧客確認(KYC)に則ったDeFiアプリケーションを開発できると同社は述べた。AMLとKYCは同チェーンに導入されている。

フォビの広報担当者は、CoinDeskに「同社は未だ銀行や他の金融機関との協議を始めていないが、フォビ・チェーンがパブリックベータを無事終了した後に協議を始める計画だ」と述べた。

フォビ・チェーンを使用すると、規制当局は同チェーンのDPoS(Delegated Proof of Stake)アルゴリズムを用いてブロックチェーンを監視できる。さらに利用者は分散識別システム(DID)を用いて、多数の法域で規制当局の実証を受けられるIDプロファイルを制作できる。

フォビは、トークン化済の資産の発行・決済・身元確認・融資における領域での同チェーンの利用を視野に入れている。

フォビ・チェーンは「ビットコイン・イーサリアムのような多くの暗号資産を支援する見込みが、フォビのオリジナルトークン「フォビ・トークン(Huobi Token)」が他にはないユーティリティトークンとなる。これから、別のタイプのトークンも支援する見込みだ」と語った。

2020年後半がフォビ・チェーンのメインネットの予定である。

 

Previous 米下院:ブロックチェーンがスモールビジネスに及ぼす利点を探る公聴会を計画
Next 中国・教育部:成都信息工程大に同国初のブロックチェーン技術の学部課程開設を承認