チリーズ:チェーンリンクと提携でノンファンジブルトークンの生成を目指す


まとめ
スポーツエンタメ向けトークン化企業チリーズはブロックチェーン企業チェーンリンクと提携してリアルタイムでノンファンジブルトークンの生成を目指す。これにより、現実社会でのイベントを記念したデジタルアイテムをトークン化することが可能になる。

3月4日、イーサリアムベースのスポーツエンタメ向けトークン化企業のチリーズは、ブロックチェーンプラットフォームのチェーンリンクと提携でリアルタイムでもノンファンジブルトークン生成が可能になるシステムを構築すると明らかにした。

チェーンリンクが持つ分散型オラクルネットワークによって提供されるデータを基盤に、データやイベントを用いてスマートコントラクトの実行をサポートする予定となっている。また提携先に向けてNFTをリアルタイムで生成できるようになるのがこの機能の大きな特徴である。

チリーズは現実社会に対応しており、世界で行われているイベントを記念した限定デジタルアイテムとなるNFTを生成することを可能としている。例えばサッカー選手が試合中にハットトリックに成功した時に、トークンを生成することも可能だと説明している。

今月、チリーズは同社のブロックチェーン基盤システムSociosプラットフォーム展開に向け、米大手マーケティングであるラガルデールスポーツアンドエンターテイメントとの提携を明らかにした。

スポーツの関連記事はこちらから

金融庁・日本経済新聞社:国際会議「BG2C、FIN/SUM BB」の開催を延期

Previous 中国・教育部:成都信息工程大に同国初のブロックチェーン技術の学部課程開設を承認
Next アメリカ人材サービス大手:ブロックチェーンをマッチングに用いる