中国・教育部:成都信息工程大に同国初のブロックチェーン技術の学部課程開設を承認


まとめ
中国の教育部は成都信息工程大に対し、同国初のブロックチェーン技術の学部課程の開設を承認した。ブロックチェーン産業で戦うための訓練の場となることが目的とされ、ブロックチェーンシステムのデザインなど様々な技術を学ぶことができる。

3月4日、中国の教育部は成都信息工程大に対して、同国初となるブロックチェーン技術の学部課程開設を承認し、今年の開始を目指していることについて、チャイナニュースが報じている。

変化を続ける社会経済や社会情報の発展に遅れをとらないよう教育することが目的である。また、ブロックチェーン産業で必要とされる技術に関する訓練の場にも活用されるという。

コースは、ブロックチェーンシステムのデザイン・プロジェクト管理・導入関連のスキルを提供することが決まっている。コンピュータ科学・テクノロジー・ブロックチェーン技術の基本概念・ブロックチェーンプロジェクト開発方法などの技術を学ぶことが可能となっている。

中国の関連記事はこちらから

中国・湖南省:「Wanbaoブロックチェーン特区」の設立を承認

Previous フォビ:金融機関向けDeFiブロックチェーンのテストを始める
Next チリーズ:チェーンリンクと提携でノンファンジブルトークンの生成を目指す