中国・湖南省:「Wanbaoブロックチェーン特区」の設立を承認


まとめ
中国・湖南省は同省としては初めてとなる「Wanbaoブロックチェーン特区」の設立を承認した。同省は地元経済活性化に向け、約155億円の基金を設立しており、同特区にはすでにシェアリンク、ハイパーチェーン、などの企業が拠点を構えている。

3月4日、中国・湖南省(こなんしょう)が同省万宝鎮(ばんぽうちん)の「Wanbaoブロックチェーン特区」の設立を承認したことが湖南日報に寄って報じられた。これは同省内初となっている。

中国の2019年ブロックチェーン特区開発の評価報告によれば、万宝鎮は17位に位置しているという。Wanbaoブロックチェーン特区は、すでにシェアリンクハイパーチェーンインサイトデータShenzhen Defang テクノロジーなどの大手企業が拠点を置いている地区だ。

ブロックチェーン企業数でみると、湖南省は788社と中国内でトップを走っている。Wanbao以外にも長沙市(ちょうさし)のJingkaiとGaoxingでのブロックチェーン特区の建設の計画をすでに発表している。

昨年12月には、海南省(かいなんしょう)が地元経済活性化に向け、総額10憶元の基金を設立しブロックチェーン企業に融資を行うと報じられた。2018年10月、海南省の自由貿易区には、ブロックチェーン特区が始動している。

中国の関連記事はこちらから

中国:コロナウイルスにブロックチェーンで対抗/アプリ20個立ち上げる

Previous コンセンシス・EY:「ベースラインプロトコル」を開発
Next 米下院:ブロックチェーンがスモールビジネスに及ぼす利点を探る公聴会を計画