コンセンシス・EY:「ベースラインプロトコル」を開発


まとめ
マイクロソフトと協力しイーサリアム開発企業のコンセンシスと大手監査法人のEYはイーサリアムのビジネス分野での活用に向けたプロジェクトで新たなプロトコルを開発する。どうプロトコルで企業が機密データをブロックチェーン上に残すことなく、ビジネスを展開を行えるようにする。

3月4日、イーサリアム開発企業であるコンセンシスと監査法人大手となるEYは、マイクロソフトなどと協力し、イーサリアムのビジネス分野活用に向けたプロジェクト「ベースラインプロトコル」を開発していくことをコンセンシスが発表した。

ベースラインプロトコルは暗号化・メッセージング・ブロックチェーンといった技術を組み合わせたオープンソースプロジェクトである。企業がブロックチェーン上に機密データを残すことなく、イーサリアムで安全や匿名性を維持してビジネスを展開できるようにするのが目的である。

企業のIT部門がブロックチェーンを利用する際にはプライバシーやセキュリティの確保が課題であった。しかしベースラインプロトコルでこれらの課題の解決が可能となった。

ベースラインプロトコルの技術運営委員会には、コンセンシス・EY・マイクロソフトのほかにも、半導体大手のAMD・ブロックチェーン企業のチェインリンク・分散型金融を手掛けるメイカーダオなど12社以上もの企業や組織が既に参加を表明している。

トークン化・DeFiをサポート

ベースラインプロトコルは、イーサリアムのメインネット上でのトークン化や分散型金融サービスをサポートしつつも、企業のデータを安全に管理することができるようになる。

コンセンシスは発表の中で「今プロジェクトがソリューション企業やエンタープライズ向けシステムベンダー・クラウドプロバイダーに大きな商業的機会を提供する。」と述べた。

コンセンシスの関連記事はこちらから

イーサリアム開発企業コンセンシス:ヘルスケア部門をスピンオフ/ブロックチェーン新会社を設立

Previous けものフレンズ:デジタル所有権の販売/ブロックチェーンで履歴を記録
Next 中国・湖南省:「Wanbaoブロックチェーン特区」の設立を承認