けものフレンズ:デジタル所有権の販売/ブロックチェーンで履歴を記録


まとめ
アニメ「けものフレンズ」はコンセプトデザイナーが描いたアート作品のデジタル所有権を抽選販売開始すると発表した。また、ブロックチェーンで履歴を記録し、購入者が作品の所有者であることを証明する。

2月26日、アニメや漫画アートのデジタル所有権を販売・運営するサービスを提供しているアニークは、アニメ「けものフレンズ」のアート作品のデジタル所有権を売買することを公表した。売上と二次流通の一部を、環境団体や同プロジェクトに還元する。

以前にも、同社は「進撃の巨人」・「STEINS;GATE(シュタインズゲート)」・「五等分の花嫁 共同パートナー企画」等の有名なアニメや漫画を筆頭にデジタル所有権の販売を行なっている。

「けものフレンズ」デザイナーのアートを抽選販売

「けものフレンズ」のコンセプトデザイナーである、吉崎観音氏が描いたアート作品16点が対象である。作品は抽選で販売され、デジタル所有権のみで1万円(税別)、限定の額装セル画が添付されたものが7万円(税別)になる。ブロックチェーンを使用して、買い手が作品の所有者であることを証明する。

2月26日から3月9日正午までが期間であり、売上の一部は、環境保全団体の自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)に寄付される。3月以降には、デジタル所有権の二次流通も可能になるようにし、支払額の一部が、けものフレンズプロジェクトに還元されるようにする。

Previous アクセンチュア:インド、プネーに規模1,200人の共同開発拠点を開設
Next コンセンシス・EY:「ベースラインプロトコル」を開発