アメリカ格付け機関ムーディーズ:UAEのブロックチェーン本人確認プラットフォームを評する


まとめ
米格付け機関ムーディーズはUAEの新たなブロックチェーン基盤の本人確認プラットフォームが顧客のデータ保護も維持やデータ漏洩防止にも役立つと評価した。また、同プラットフォームへ他の機関も参加することが期待される。

2月26日、アラブ首長国連邦(UAE)メディアのザ・ナショナルによると、米格付け機関ムーディーズは、UAEの新ブロックチェーンベース顧客確認(KYC)プラットフォームが同国の貸付業者に効果があると評価した。資産内容の質を高め、利益を引き上げるとしている。

今月コインテレグラフが報道した通り、UAEのドバイの経済開発局(DED)は現地の主要銀行6行が参入する「KYCブロックチェーンコンソーシアム」の創設を公表した。

2020年第1四半期に公開を計画しており、ブロックチェーンが始めた規定プラットフォームである。また、デジタル顧客データや文書処理の安全性を思慮したもので、認定された金融機関や当局等の既存かつ、これからのエコシステムメンバー同士でKYC情報をひとつのプラットフォームに総括する考えがある。

ムーディーズによれば、同KYCプラットフォームは国内外の規制基準の改良をし、顧客のデータの保護を行い、ブロックチェーンを用いることでデータ流出を防ぐことにも貢献している。

また、同社は「KYCブロックチェーンコンソーシアムは、大方オペレーショナルリスクを削減することで、UAEの銀行の資産の質を支援すると望まれている。同プラットフォームは、ブロックチェーンを使用した分散型テクノロジーを通して、より早急に安全性の高いオンボーディングと証明され、さらには検証済みのデジタル顧客データの共有を促す」と述べた。

加えて、同プラットフォームへ別の機関も参入することが見込まれ、ムーディーズは「同国のデジタルエコシステムの大切な要素になる可能性がある」と指摘した。

UAEに関する記事はこちら

UAE:保健予防省がヘルスケア関連データ保存プラットフォームを共同で公開

UAE:第2のクリプトバレー設立のための新構想を発表

Previous 米議会下院:中小企業へのブロックチェーン導入のメリットをテーマとした公聴会を開催
Next 吉本興業:米ObENと協力/AIを用い、芸能人をアバター化