ブロックチェーンゲームのF1デルタタイム:コレクションアイテムの販売を始める


まとめ
ブロックチェーンゲーム「F1デルタタイム」は、ゲーム内のコレクションアイテム販売を開始した。コレクションはノンファンジブルであるNFTで購入することができ、1つ1つのトークンが固有の価値を持つ。

2月25日、香港のゲーム開発会社アニモカ・ブランドが開発した「F1デルタタイム」は、Formula1(F1)のライセンスを獲得して、開発に成功したイーサリアム起動のブロックチェーンゲームであり、ゲーム内のコレクションアイテムの販売の開始を公表した。

ゲームプレイヤーは、2019 FIA Formula One World Championship™シーズンのレーシングカー・パーツ・ドライバー・レーシングギアのコレクションをERC-721のノンファンジブルであるNFTで買うことができる。NFTは、1つ1つのトークンが特有の価値を生み出すデジタルアイテムである。

総計6,500点が出品され、3月9日まで販売期間である。3月3日を過ぎると、価格が現水準より上回るように設定されている。

コレクションを購入したプレイヤーは、「Four Guardians Apex」からの限定車3台のうち1台を獲得するチャンスがある。エントリーチケット数は、売上げたコレクションの希少性レベルで決定する。獲得できるコレクションは、Common(18ドル=約2,000円)・Rare・Epic・Legendary(450ドル=約5万円)の4種類である。

さらに、F1デルタはプレイヤーが、NFTステーキングを通してゲーム内REV通貨を儲けることができると公示している。REVはERC-20ファンジブルトークンで、F1デルタ内の優先された通貨として作用しており、清算やレース後のリワード発行に用いられる。

昨年11月、F1デルタはNFTのオークション「ポールポジション・オークション & コンテスト」を主催していた。オークションには、

  • メルセデスAMG W10
  • フェラーリSF90
  • レッドブル・レーシングRB15
  • マクラーレンMCL34
  • ルノーR.S.19
  • レーシング・ポイントRP19
  • トロ・ロッソSTR14
  • アルファロメオ・レーシングC38
  • ハースVF-19
  • ウィリアムズFW42

の全F1公式チームのマシンが取り入れられていた。

Previous 中国・江蘇省:マスク予約販売プラットフォームを開設
Next IPA:ブロックチェーンの特徴から解る社会実装の行く末を指す