TIS:住友生命保険が行う実証実験への支援を発表


まとめ
住友生命保険の行うブロックチェーン技術を活用した給付金自動請求の実証実験をTISは支援することを発表した。具体的にはブロックチェーンを利用し複数の医療機関・生命保険会社間での医療情報等を共有する仕組みについての検証を行う。

2月25日、TISはブロックチェーン技術を活用した住友生命保険の給付金自動請求における実証実験への支援を発表した。両社は、生命保険請求手続きの簡素化・利便性の向上に取り組む。

TISは、同実証実験において請求者の事前同意に基づいた医療機関・保険会社間での情報のやりとりにブロックチェーン技術を活用することで、医療機関・保険会社との対応業務の実現性の検証を支援するという。複数の医療機関・生命保険会社間での医療情報等を共有する仕組みについての検証を行うことがすでに明らかになっている。また、2月12日から3月下旬までがこの実証実験期間となる。

TISは保険・共済コア業務の改善検討に関する支援サービスの提供を始め、SI・受託開発・データセンターやクラウドなどサービス型ITソリューションを提供を行なってきた。これまでに、ブロックチェーン技術を用いたEV自動車による過疎地の交通・エネルギー問題等の実証実験などを支援の実績がある。

TISの関連記事はこちらから

TIS、ゲーミフィケーション・プラットフォームをオラクルのクラウドにて構築:社員の事業創出へ意欲を高めることに繋がるか

Previous リンクトイン調査:インド、ブロックチェーン開発者の需要急上昇/米国では下がり気味
Next リップル:ディーマネーと共同でクロスボーダー送金を運営