イーサリアム開発企業コンセンシス:ヘルスケア部門をスピンオフ/ブロックチェーン新会社を設立


まとめ
イーサリアム開発企業コンセンシスはヘルスケア部門をスピンオフし、新たにブロックチェーン企業、コンセンシス・ヘルスを立ち上げる。同企業は医療業界へのブロックチェーン技術の適用に焦点を当ており、特に米国でのコスト削減に注力する予定だ。

イーサリアム開発企業のコンセンシスは、ヘルスケアに関する部門を分け、新しくコンセンシス・ヘルスを創設することを公表した。コンセンシス・ヘルスは、ヘルスケア分野でのブロックチェーンのユースケース開発を行なっている。

今回のヘルスケア部門のスピンオフは、コンセンシスの戦略転換の一部である。コンセンシス自体は、CodefiやInfuraのようなコアプロダクトの開発を重視し、それを除くプロジェクトに関しては本体から離し、別組織化する考えだ。

コンセンシス・ヘルスは、医療業界へのブロックチェーン技術の活用に焦点を置いている。とりわけ、医療費の急騰が問題となっている米国でのコストカットに取り組む考えである。

コンセンシスのジョセフ・ルービンCEOは、今回のスピンオフに関して「コンセンシスによって築かれた力強い技術を用い、業界のリーダーとチームを作ることで、ヘルスケアの最大の課題解決の機会となる」と述べた。

新会社のトップには、コンセンシスでヘルスケア部門を統率していたヘザー・レイ・フラナリー氏が就任する。同氏はブロックチェーンとヘルスケアを統合したイニシアティブに取り組んでおり、イーサリアム企業連合(EEA)のヘルスケアグルー等にも関与している。

医療分野でブロックチェーンを活用

米国の医療市場は1人にあたるコスト高く、OECD諸国の中で最高数値になっている。

コンセンシスは、ブロックチェーンを用いることで管理費用の上昇に対処可能であると考慮している。ブロックチェーンを使用し、データ共有を安全および早急に行い、医療サービスへのアクセス拡大を狙う。

コンセンシス・ヘルスのフラナリー氏は、「ブロックチェーンや機械学習の多数の新イノベーションにより、昔の問題に新たな方法で取り組むことができる。よって、患者と医療提供者のエクスペリエンスの改良・新ビジネスモデル・最終的な持続可能な医療システムの可能性が開かれる」と語った。

コンセンシスに関する記事はこちら

JPモルガン、ブロックチェーンプロジェクトとイーサリアム開発のコンセンシス合併か

Previous 医薬品サプライチェーン企業25社:ブロックチェーンを処方箋追跡に使用
Next イベント・UFC:ブロックチェーンを基盤としたデジタルグッズの提供を開始