イスラエルの研究者が表明:ブロックチェーンをナッジ理論を基盤に規定すべき


まとめ
イスラエルの研究者らブロックチェーンのような新興産業を私はするのではなく、自由意志に影響させず適切な選択をうながす程度の「ナッジ理論」を用いて、公共行動に影響を与えることを目指すべきという。

規制当局は、ブロックチェーンのような新興産業を強い権力を用いて制約するのではなく、公共行動に行動経済学の「ナッジ(nudge)」理論を使用して、影響を及ぼすことを目標としている。

ナッジ理論は、2017年ノーベル経済学賞のリチャード・セイラー教授と、ハーバード大学キャス・サンスティーン教授が、2008年から提案しているものである。他者を無理矢理、誘導する「パターナリズム」と自主性に委託する「リバタリアニズム」を掛け合わせ、管理主体が第三者を「ヒジで軽く突く(nudge)」だけで、自由な考えに影響を与えない適当な選択を促す。また、合理的な判断のもと危険を避けるようなエコシステム(選択アーキテクチャ)を提示している。

2月21日、イスラエルを拠点とする2名の研究者であるハダ・ジャボティンスキー氏とナシム・コーエン氏はオックスフォード大学法学部のブログで、両者の新しい論文を紹介した。

両研究者は、新たな技術の規定時に発生する課題の1つとして、当局の知識不足を指摘した。新しい論文では、消費者が無警戒な状況で不十分な規制下の自由行動や、技術の発展を抑える重度の禁止の双方にも当てはまらないアプローチを提案した。

ブロックチェーン・暗号資産・IoT(モノのインターネット)・自動運転車のような複雑で新しいテクノロジーには、今までを超える高度なレベルの技術リテラシーが必須となっている。同論文によれば、技術革新のペースが早まるに連れて、規制当局は商品や発明が生み出す影響の理解に苦戦している。

「ナッジ(nudge)」とは

研究者によると、「ナッジ(nudge)とは、『選択肢の禁止や、経済的インセンティブを大きく変更せず、人々の行動を予測できる方向で変更する選択アーキテクチャ(枠組み)』」のことを指す。

ブログでは、新商品に関する独自のリスクに消費者の関心を向けることで、規制当局はこのような行動に影響を及ぼすと指摘した。2018年5月に米証券取引委員会(SEC)が、ICO詐欺への注意喚起のために設立した模擬サイト「ハウィーコイン(HoweyCoins)」を例として挙げた。

またナッジを基盤としたアプローチには、厳格な開示要件、標準及び単純化されたルールが取り入れられる。

大抵、ナッジの根拠も規制当局の勘が基づくため、拘束力のある規制とは違い、規制当局が間違った際には無視や、一部を導入など、新産業にとって悪い影響や最小限のダメージであると証明できる可能性がある。

Previous JPモルガン:レポートで現在のブロックチェーンに指摘
Next ブロックチェーン金融サービス企業:ナスダック上場を投資持株会社の逆取得で狙う/SECが合併に賛成