ユベントス:イーサリアム基盤のサッカーゲームと協力/C・ロナウドのデジタルカード作成


まとめ
イタリアサッカーチーム「ユベントス」は、ブロックチェーンサッカーゲーム「Sorare」で、C・ロナウド氏などのスター選手のデジタルカードを発行する。カードはイーサリアム技術を利用して作成されており、カード購入者は同士はカードをトレードすることが可能。

イタリアのトップサッカーチームである「ユベントス(Juventus)」は、選手のデジタルカードをブロックチェーンサッカーゲーム「Sorare」で発行する。

2月19日の現地時間に公表されたライセンス契約によれば、ユベントスはソラーレ上でクリスティアーノ・ロナウドのような世界的に有名な選手の珍しいコレクション用「カード」をデジタル形式で提供する。

パリに拠点にするソラーレは、選手のデジタルカードを使用してサッカーチームのマネジメントを行うゲームを提供している。カードはイーサリアム技術を用いて作成されており、ファンはカード収集・交換ができる。

ソラーレはCoinDeskに、「カードはイーサリアムのERC-721規定に則るノンファンジブルトークン(NFT:non-fungible token)である」と述べた。

加えて、ソラーレのCEOニコラス・ジュリア氏は「イタリアの有名チームと契約を成立することができて非常に鼻が高い。世界中の一流クラブがゲームに加わったことで、世界中のフットボールファンにブロックチェーンゲームを届けるという私たちのビジョンにとって新たな重要ステップになると考えている」と語った。

既にヨーロッパのトップクラブであるアトレティコ・マドリード、ポルト、ASローマも同プラットフォームに参入している。

111枚の選手カードを発行

ソラーレは各選手に「ユニークカード」1枚・「スーパーレアカード」10枚・「レアカード」100枚を発行する。2月20日に、ユベントスとのタイアップでは、クリスティアーノ・ロナウドのカードが同様に合計111枚発行される。

ソラーレのゲームでは、カードは5枚1チームとして用いられるか、流通市場で取引できる。同社は「ユニーク」カードの中には2,000ドル(約22万円)を超える価格がつけられたものもある。

ユベントスは多くの優勝経験を持ち、世界中に膨大なファン層を保有している。UEFAチャンピオンズリーグ優勝2回、インターコンチネンタルカップ優勝2回、さらにはイタリア・セリエAではリーグ優勝を35回も達成している。

ブロックチェーン業界へのユベントスの進出は、今回が初ではない。

2018年、ユベントスはファンが投票に参加可能なトークンを発行した。そのため、ファンはクラブ活動で意見の公言が可能になった。同トークンはソシオス(Socios)の協力により発行され、近頃ソシオスはFCバルセロナ(FC Barcelona)の同じようなトークンの発行時にも協力している。

Previous 暗号資産取引所コインフィールド:チェイナリシスと提携し、マネロン対策を強化
Next マイクロソフト:Azureにブロックチェーン「Lition」を追加