マイクロソフト:Azureにブロックチェーン「Lition」を追加


まとめ
マイクロソフトはクラウドサービスAzureにイーサリアムベースのブロックチェーン「Lition」を追加した。これにより、AzureのユーザーはLitionのサイドチェーンやアプリを簡単に開発・テスト・デプロイできるようになる。

マイクロソフトはクラウドサービスAzureにイーサリアムベースのブロックチェーン「Lition」を追加したことを公表した。Litionはブログで「我々はマイクロソフトのような大手クラウドサービスに採用された、数少ないパブリック・プライベートブロックチェーンサービスとなる。」と述べている。

Lition Webサイト情報

今回の追加で、Azureのユーザー企業はサイドチェーンやアプリを簡単に開発・テスト・デプロイすることが可能となる。

LitionはdAppsの商用利用を可能にするイーサリアムベースのレイヤー2ブロックチェーンインフラである。プライバシーやスケーラビリティなど、GDPRが求める基準に即した機能を追加することでイーサリアムのメインチェーンを補完している。

Azureはマイクロソフトのクラウドプラットフォームサービスとなっている。発表では、Azureの規模は2,290億ドルを叩き出し、クラウド市場で世界2位にもなる。大規模なビジネスを展開する企業がこの対象となし、クライアントの95%はFortune500に選ばれている企業が名を連ねている。

Lition・CEOであるリチャード・ローワッサー博士は「Litionはすべての組織がブロックチェーン導入をしやすくなる道筋を提供することをここに誓う。インテグレーションを可能な限りシームレスにすることが、導入への隔たりを埋める上で極めて重要だ。Azureは我々の顧客にとって素晴らしいアセットとなり、LitionをAzureマーケットプレイスに追加できることで、ビジネスにブロックチェーンを活用することがいかに簡単であるかを示せることを楽しみにしている。」とコメントを発表した。

Litionの関連記事はこちらから

独ベルリン発、2名の元会社員がエネルギー市場の刷新へ

Previous ユベントス:イーサリアム基盤のサッカーゲームと協力/C・ロナウドのデジタルカード作成
Next JPモルガン:レポートで現在のブロックチェーンに指摘