ナショナル証券取引所:iSignthis と共同でベンチャー「クリアペイ」を立ちあげ


まとめ
豪州のナショナル証券取引所は即日決済可能なブロックチェーンプロジェクトを決済承認サービスのiSignthis (ISX)と共同でベンチャー「クリアペイ」を立ちあげた。複数の取引所で利用可能な複数通貨でリアルタイムの即日決済を提供すること目的としている。ブロックチェーンを利用することにより、処理時間を3日から1日に短縮される。

2月20日、オーストラリア・ナショナル証券取引所を運営するNSXは即日決済可能なブロックチェーンベースのプロジェクトを目指し、決済承認サービスのiSignthisと共同でベンチャーを立ち上げたことを発表した。

新たなベンチャー「クリアペイ」は、複数の取引所間での共有取引に向けた、複数通貨でリアルタイムの即日決済を提供することを目指している。伝統的な国内外の証券取引所が提供する決済処理システムに取って代わるよう構築されたDvPプラットフォームの開発をするという。

分散型台帳技術を活用することで、処理時間を3日間から1日もしくは翌日までに短縮することが可能となっている。オープンブロックチューン基盤のサブレジストリーシステムも組み込む予定を明らかにしている。

クリアペイのブロックチェーン基盤のデジタル・エクスチェンジ・サブレジスター・システムは、同国最初の同システム「CHESS」と競うものになるとしている。CHESSは2017年にオーストラリア証券取引所が導入したもので、現在オーストラリアが市場を独占するという状態にある。

iSignthisが協力

NSXはクリアペイに320万豪ドル出資し、株式41%を取得した。さらにiSignthis が59%を保持している。iSignthis が知的財産を提供することにより、子会社のプロバンクス・ソリューションズがペイデンティティとISXペイのプラットフォームの統合も含めて、DvPプラットフォームを構築する予定だ。

ISXのCEOでクリアペイのCEOも務めるジョン・カランジス氏は「iSignthisは決済と顧客確認サービスの専門として貢献する。また、この取り組みはオーストラリア市場に競争力をもたらす。」と述べている。

さらに「クリアペイが豪州の現物株エコシステムに真の競争力をもたらすことは、非常にエキサイティングだ。iSignthis は広範な決済とKYCサービスに関する高度な技術をNSXAに提供する。」とも発言した。

オーストラリアの関連記事はこちらから

オーストラリア:政府がブロックチェーン戦略を開始

Previous インドネシア税関当局:IBMの「トレードレンズ」の利用を開始
Next 中東ドバイ:顧客確認ブロックチェーンコンソーシアム創設/現地6銀行が関与