ブロックチェーンゲームの「ザ・サンドボックス」:仮想現実スペース「LAND」のプレセール実施


まとめ
ブロックチェーンゲームの「ザ・サンドボックス」は仮想空間での土地「LAND」は2回目のプレセールを終え、ゲーム世界全体の5%に相当する土地を販売したと発表した。今回のプレセールでは約2,500万円の売り上げを達成した。

2月18日、ブロックチェーンゲームのザ・サンドボックスは、仮想空間でのゲームの土地「LAND」の第2回プレセールが終了したことを公表した。

サンドボックスは、ゲームキャラクター等をノンファンジブルトークン(NFTs)として制作・マネタイズが可能なプラットフォームである。今回販売した「ランド」もNFTであり、サンドボックスが広げる仮想現実スペース上の土地を示す。オーナーは、ランドを買いあげることで格ゲー・レーシンング・RPG等のあらゆるオリジナルゲームを作成して参加者を集め、マネタイズが可能になっている。昨年12月にサンドボックスは、第1回のプレセールを行なった。

2回目のプレセールでは、サンドボックスのメタバース(仮想現実のスぺ―ス)上の6,192個のLANDを提供した。これはゲーム世界全体の土地の約5%に相当する。

その結果、売上850イーサ(ETH)を達成した。記事執筆時点での価値は22万7,800ドル(約2,500万円)に及ぶ。

クリプトキティーズ・マイクリも

Decryptによると、主な購入者の中に、クリプトキティーズマイ・クリプト・ヒーローズ等のゲーム会社や、分散型アプリ(Dapps)の情報サイトであるDapp.comがいた。

同プレセールの成就に関して、サンドボックスの共同創設者兼COOのセバスチャン・ブルジェ氏は、「サンドボックス初の2回のプレセールの成功は、ゲームのメタバースを築く、当社のアプローチを力強く後押ししている。オープンエコノミー内でこれからの創造物を収益化でき、本当のデジタル所有権の利益に対してのクリエーターとゲーマーの注目度の向上を指している。ユーザーがメタバースのビジョンに歩み入る準備が整っていることは確かである」と語った。

ゲームに関する記事はこちら

ブロックチェーンコンテンツ協会が起動:Dappsゲーム等の自主規制/利用者保護の実現を狙う

マイクロソフト:80年代の人気ゲームをブロックチェーンで復活

Previous KDDI・auなど4社:共同でデジタル資産の検証実験を開始
Next インド:ブロックチェーンの選挙投票システム開発/投票率上昇に期待