KDDI・auなど4社:共同でデジタル資産の検証実験を開始


まとめ
KDDI・auなど4社はデジタル資産をブロックチェーン上で発行し自動処理する共同検証実験を開始した。同実験ではディーカレットが構築したブロックチェーンプラットフォームを利用し、デジタル資産の発行・流通・償却の一連のプロセスをスマートコントラクトにより自動化する検証を行う。

2月18日、KDDIauフィナンシャルホールディングスウェブマネーディーカレットの4社は、ブロックチェーン上に発行したデジタル通貨の処理を自動化する共同検証実施について明らかにした。同日より2月28日までの期間、デジタル通貨発行・流通・償却の業務プロセス一部と決済処理についてをスマートコントラクトにより自動化するという検証を行う。さらに、このシステムの実用化に向けた課題洗い出しを今回実施するという。

共同検証では、ディーカレット構築のブロックチェーンプラットフォームを活用することで、デジタル通貨の発行・流通・償却について検証を実施する。デジタル通貨を資金移動業登録業者であるウェブマネーが発行し、KDDIが参加者に配布することが発表されている。参加者は、検証用のカフェにてデジタル通貨を用いた決済を利用することとなっている。共同検証では、カフェでの購入代金を天候に合わせて価格を変動させるなど、自動割引の有効性も合わせて検証される。

4社は、スマホセントリックな決済・金融体験を提供する「スマートマネー構想」を掲げ、その実現に向けてフィンテック活用の新サービスの研究を推進している。共同検証は「デジタル通貨ビジネスの推進および新たな顧客体験価値の創出」に関する取り組みの一環となる。2019年7月、KDDIは同取り組みなどを目的にディーカレットに出資している。

KDDIの関連記事はこちらから

野村HD、三菱UFJ、KDDI:セキュリタイズに出資

Previous 浦項科学技術大学:ブロックチェーン 保護の卒業証書を発行
Next ブロックチェーンゲームの「ザ・サンドボックス」:仮想現実スペース「LAND」のプレセール実施