サッカー欧州大会UEFA EURO 2020:ブロックチェーンが全ての試合観戦券を発行


まとめ
欧州サッカー連盟は2020年6月から開催のUEFA EURO 2020においてブロックチェーン を利用したデジタルチケット形式で全試合の観戦券を発行することを発表した。来場者は専用のスマホアプリからQRコードを提示することで入場が可能となり、転売などを防ぐ目的がある。

2月17日、欧州サッカー連盟(UEFA)は2020年6月から開催されるヨーロッパ地域大会UEFA欧州選手権(UEFA EURO 2020)で、ブロックチェーンが観戦券をデジタルチケット形式で発行することを公表した。同大会の全試合でデジタル形式のチケットが販売され、来場者は専用スマホアプリからQRコードを提示すると入場できる。

2018年からUEFAはデジタルチケットを取り入れてきたが、オリンピックと同年に開催されるUEFA EUROでは初の試みとなる。直近のUEFA大会では、2019年6月に開催のUEFAネーションズリーグでもデジタルチケットを発行した。全販売数の内80%にあたる11万枚がデジタル形式でファンの手に渡った。この仕組みは、チケットの不正転売が行われてきたUEFA大会において、その流通状態を改善した。

今回はUEFA EURO 2020のチケット運営用に専用のスマホアプリが準備される。iOS並びにAndroid向けにそれぞれ5月下旬に配信される見込みである。アプリは、チケット購入時のKYC(本人確認)を基盤としたEメールアドレスに関連付け、チケットをダウンロードし、入場券としてQRコードを提示する。Bluetoothにより会場周辺でしかQRコードを表示できないため、試合会場に赴いた購入者本人でないと入場不可能である。

UEFA EURO 2020は、3月に本戦出場チームを決定するプレーオフを開催した。26日にプレーオフ準決勝、31日にプレーオフ決勝を実施する。その後、6月12日から本戦が開幕し、第1試合はトルコ対イタリアの試合がローマで行われる。本戦期間は1か月で、7月12日に決勝戦はロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催予定だ。

 

サッカーとブロックチェーンに関する記事はこちら

サッカー元日本代表、本田圭佑氏がブロックチェーンファンド設立を発表

サッカー元日本代表、本田圭佑選手が「Advertising week asia 2019」に登壇 ブロックチェーン技術の可能性について語る

Previous 中国:コロナウイルスにブロックチェーンで対抗/アプリ20個立ち上げる
Next 浦項科学技術大学:ブロックチェーン 保護の卒業証書を発行