イギリス:クリケットクラブがブロックチェーンを基盤とした発券システムの導入開始


まとめ
イギリス、ランカシャー州のクリケットクラブはブロックチェーンを基盤とした発券システムを全ての2020年に開催される国内、国際試合において、使用することを発表した。これにより、偽造を防ぐとともに、チケットの譲渡や転売のプロセスを簡略化する狙いがある。

イギリス、ランカシャー州のクリケットクラブは2020年に開催されるすべての国内・国際試合において、ブロックチェーンを基盤とした発券システムを利用することを明らかにした。

業界誌「ザチケッティングビジネス」によると、ランカシャー・クリケット・クラブはブロックチェーン発券サービス提供業者TIXnGOと提携を結んでいるという。

新しいブロックチェーンチケットは、追跡可能となっている。同クリケットクラブは「それぞれの購入者に独自のチケットが用意されており、偽造はほぼ不可能となっている。」と述べた。このシステムには、チケットの譲渡・転売のプロセスを簡略化する新しい機能も含まれている。

報道によると、18カ月を開発に費やしたこの新しいプラットフォームは、2019年のシーズン中に試験的に使用がされている。

ランカシャー・クリケット・クラブの発券・デジタルシステム担当責任者ジョン・ナトール氏は「今回の発表はブロックチェーンが安全を保証する発券技術を利用した、スポーツ組織による記念すべき最初期の例の1つである。オンラインでのチケット販売がますます増える中、デジタル発券技術の改善を続けていくことは非常に重要だ。」と述べた。

現在ランカシャー・クリケット・クラブに発券サービスを提供し、TIXnGOの姉妹組織でもあるSecuTixのイギリス担当マネージングディレクター、デビッド・ホーンビー氏は「ブロックチェーン技術は発券にまつわる多くの問題を解決してくれる。当クラブの既存発券システムがより優れ、より安全なデジタルモバイルチケット提供をすることが可能となった。」と述べている。

ヨーロッパのサッカー協会を管轄する欧州サッカー連盟は、ブロックチェーン基盤の発券アプリの実験を行なっていることを明らかにし、2018年には試験が成功していたことも公表した。しかし、他のスポーツの組織はブロックチェーン技術を以前から幅広いユースケースにおいて試している。アメリカのアイスホッケーチーム、ロサンゼルス・キングスは昨年、公式商品をファンが確認するのを支援するブロックチェーン技術を使用したアプリを導入している。イタリアのサッカークラブ、ユベントスは「2018年、ファンに「発言の機会」を与えるトークンをローンチする。」と述べた。

イギリスの関連記事はこちらから

イギリス大手銀行スタンダード・チャータード:イーサリアム企業連合(EEA)に加盟

Previous アリペイ:業務を再開するための支援案を発表
Next 中国:コロナウイルスにブロックチェーンで対抗/アプリ20個立ち上げる