韓国ソウル市・金融当局:次世代フィンテックプロ育成に18億円の投資予定


まとめ
韓国の金融委員会とソウル市は約18億円を次世代のフィンテックのプロの育成のために投資する計画を発表した。同プログラムは今年後半に開始予定で、金融機関の従業員やフィンテック企業の創設者や同分野での就職を希望する者などを対象者としている。

2月12日、韓国ソウル市と同国の金融委員会(FSC)は、次世代にあたるフィンテックプロの育成へ1,600万ドル(18億円)スケールの投資を計画していることを公表した。3月4日から6日が同助成金への応募日程である。

FSCは、金融テクノロジー領域の専門家の必要性が上昇しており、目的を次世代のフィンテックプロの育成を行う機会を保持することだと言及している。

今年後半に同プログラムは始まる予定であり、2023年までソウル市の永登浦区(ヨンドゥンポ)で行われる。金融機関の従業員・フィンテック企業の創設者・同領域での就職希望者が対象者である。

カリキュラムは、学位有りと無しの2つで構成されており、修士課程コースの年間生徒数は80名、学位なしのデジタル金融プロフェッショナル訓練プログラムは条件付きサポートで160名を迎え入れる計画だ。

授業内容は、理論を含め、ハンズオンコースと呼ばれるビッグデータ・クラウド・ブロックチェーンのようなデジタル金融に関する領域の集中コースがある。

フィンテック領域に力を注ぐ

この2年間、韓国の金融委員会はフィンテック領域に力を入れており、インターネット銀行に関連する特別法・フィンテクイノベーションサポート法・ピアツーピアレンディング法・フィンテック法などを保持している。

同教育プログラムの発表時にFSCは、「規定されたサンドボックスはフィンテックイノベーションサポート法が基盤として開始しており、2019年12月18日時点では、合計77の『革新的な金融サービス』が規定を免れ、アイデアをテストする目的で指定されている。政府は、近いうちにオープンバンキングやプライベートデータビジネス等の領域で、さらにフィンテック業界を進展させていく」と語った。

ソウル市は積極的にブロックチェーン導入を推進しており、昨年5月にブロックチェーン技術を住民登録証に取り入れることを公表した。加えて、昨年11月にはオンラインの資格紹介等の3つの行政分野でブロックチェーンを取り入れる計画を公示した。

教育に関する記事はこちら

マスターカード・バイナンスX・リップルXpring:ブロックチェーン教育アライアンスに参入

Previous 証券保管振替機構:ITセキュリティフレームワーク更新の必要性を強調
Next 豪政府:国家戦略でブロックチェーンを用いたビジネス利益を狙う