ブロックチェーンコンテンツ協会が起動:Dappsゲーム等の自主規制/利用者保護の実現を狙う


まとめ
ゲームやSNSなどのブロックチェーンを活用したコンテンツの業界発展や消費者保護を図るための「ブロックチェーンコンテンツ協会」が発足した。博報堂やgumiなど分散型アプリやブロオクチェーンを活用する10社が会員企業として参画している。

「ブロックチェーンコンテンツ協会」と称される、ゲームやSNSのようなブロックチェーンを利用したコンテンツの業界の進展・消費者保護を狙う業界団体が創立した。

協会には博報堂gumi・Dapps(分散型アプリ)ゲームを担うアクセルマークdouble jump.tokyo・コンテンツをアートとブロックチェーンで担うスタートバーン等の10社が会員企業として関与している。協会代表はgumi代表取締役会長の國光宏尚である。

國光氏は協会創設の宣言内に、日本のユーザーが信頼してブロックチェーンコンテンツを使用できる環境確保や、消費者保護に向けたルール作成を促進していく考えを表明している。

同氏は「スタートアップ企業がブロックチェーンコンテンツ事業を行う上で、関連性のある法令解釈のような必要不可欠な情報を入手することは難しい。ブロックチェーンコンテンツ協会はこのような情報を広範囲に共有することを通して、自国のブロックチェーンコンテンツ業界が世界を先導する存在に構築したいと考慮する企業によって設立された。」と語った。

協会では、スタートアップ企業が事業をスムーズに始められる環境整備を推進するために、ブロックチェーンコンテンツ事業者が従うべき法律の取り纏めやルールの整理を行なっている。さらに、個人情報保護・資金決済法・景品表違法のような関連法令やガイドラインを順守するため、協会からの情報発信や勉強会、官公庁や関連する団体との関係を築き上げる計画だ。

コンテンツ事業者に対して自主規制

加えて、ユーザーが信頼して使用できる自主規制を行う。「宣言」内では、何個か自主規制を示している。

  • ゲームのリリースの見通しがない状況でプレセールなどを行わない。
  • 安定的に運営可能な資金や人員面等を整えた上でセールを行う。
  • 特定の判断の提供や不利益事実を公示しないなど、セール/アイテム販売時に不正な勧誘を行わないように徹底する。
  • 今後の価格高騰を公開したり、不安や期待をそそることによって、利用者へ過度の買い煽りの実施を禁止する。

ゲームとブロックチェーンに関する記事はこちら

マイクロソフト:80年代の人気ゲームをブロックチェーンで復活

クリプトゲームス:ブロックチェーンカードゲームに特化した開発支援を開始

Previous Huawei:新型コロナウイルス寄付金のためのプラットフォーム構築を計画
Next 日銀・ECB:ブロックチェーン上取引のプライバシー保有で共同研究