中国のスタートアップ:ボランティア活動に注力したブロックチェーン・プラットフォームを設立


まとめ
慈善活動に特化したブロックチェーン・プラットフォーム「33チャリティー(33 Charity)」の立ち上げを中国のスタートアップ企業FUZAMEIは発表した。寄付・ボランティア・献血などの記録をブロックチェーンの上に保存することにより個人の信用調査に活用可能なツールとなる。

2月7日、中国のスタートアップ企業FUZAMEI(杭州复杂美科技有限公司)は、ブロックチェーン・プラットフォーム「33チャリティー(33 Charity)」を設立し、慈善活動に力を入れていくことを公表した。ブロックチェーンで寄付プロセスの透明性と信憑性を向上する。

FUZAMEIによれば、寄付・ボランティア・献血等をブロックチェーンに記録することにより、33チャリティーは各自の信用調査に使用できる重要なツールになると考慮している。

さらに、例を挙げると、病院側はID認証機関などの第三者データベースを通して、申請者の身元確認を担う認証局(Certification Authority)へ、法的実在性を表す電子証明書(企業実在認証等)を申請し獲得する。そのため、ドナー(寄贈者・臓器提供者)は、ドニー(受贈者)・レシピエント(臓器移植患者)をはじめとする、病院側ニーズを認識し寄付を行い、トラブルを回避するようにしている。

加えて、これらの電子証明書は、あらゆるサプライヤーや物流と照らし合わせることができるため、寄付プロセス全体の透明性を向上できる。

同社は、今回の設立に合わせて、新型コロナウイルスに対応する湖北省慈善団体へ、4万元(約62万7,000円)、かつ6万元(約94万円)相当の医療品の寄付を行なったことも公表した。

なおFUZAMEIは、2018年11月にスマートコントラクト開発ができる、モジュール構造の独自ブロックチェーン「チェーン33(Chain33)」を既にGitHub上に公開している。しかし、33チャリティーのソースコードに関連する情報は未だ公開していない。

Previous JASRAC:音楽作品情報の登録・共有をブロックチェーンを利用して行う実証実験を開始
Next ゴールドマンサック・シティグループ:エクイティスワップ取引をブロックチェーンで