アヴリル:IBMのブロックチェーン基盤食品追跡ネットワークFood Trustの導入を発表


まとめ
仏食品企業アヴリルはIBMのブロックチェーン基盤食品追跡ネットワークFood Trustの導入を発表した。アヴリルは植物オイル・卵・プロテインなどの製造を手掛けており、ブロックチェーンはフランス産で有機飼料を与えた家畜であることの証明などに利用される。

2月4日、フランスの食品製造を手掛けるアヴリル・グループは、IBMのブロックチェーン基盤食品追跡ネットワークFood Trustの導入をプレスリリースで発表した。

アヴリル・グループは、植物オイル・卵・プロテインなどの製造を手掛け、MatinesLesieurなどのブランドがある。ブロックチェーンの活用で、食品に関連するトレーサビリティを保証することが可能になる。またフランス産で有機飼料を与えた家畜であることの証明や、家畜に配慮した飼育方法を導入するアニマルウェルウェアにおいて、同社の社会責任の改善を目指す。

QRコードで消費者の情報入手が可能に

Matinesは、消費者からの信頼を高める目的があり、消費者が卵のケースに印字されたQRコードの読み取りから、養鶏の方法や出荷日を含むより詳細な透明性の高い情報の取得を可能にする。

消費者が利用可能な情報は、鶏の飼育方法・産卵日・梱包センターへの出荷や包装された日・販売業者への倉庫の配送日など挙げられる。

食品事業者間でブロックチェーン活用が拡大

今年1月、チュニジアのオリーブオイル生産者CHOが、IBMのフードトラスト使用で、エキストラバージンオリーブオイル「テラ デリッサ」を追跡・管理すると発表した。オリーブが育った農園や生成した工場やオイルを精製、瓶詰にした施設、物流など、同製品の品質確認のチェックポイントを8つの過程に分類し追跡することを明らかにしている。

昨年11月、食品・飲料大手ネスレとフランスの小売大手カルフールはフードトラストで乳児用粉ミルクのサプライチェーン追跡・管理を行うと発表していた。昨年4月にもネスレとカルフールは、フードトラストによりフランスの即席マッシュポテトの有名ブランドMouslineのサプライチェーン情報を提供した。

フードトラスト以外では、昨年11月にシンガポールに拠点を置くブロックチェーンプラットフォームのVeChainが、食品および飲料業界向けのブロックチェーン追跡システムの公表を行なった。

 

IBMの関連記事はこちらから

IBM:新たなブロックチェーン製品開発が明らかに

Previous Japan Contents Blockchain Initiative:博報堂・朝日新聞社ら7社が自律分散型ブロックチェーンコンソーシアムを共同で発足
Next 米海軍航空試験センター:スタートアップ企業に約10億円の資金提供