JASRAC:音楽作品情報の登録・共有をブロックチェーンを利用して行う実証実験を開始


まとめ
日本音楽著作権協会(JASRAC)は音楽作品情報の登録・共有をブロックチェーンを利用して行う実証実験を2月から開始することを発表した。今回の実験では、記録された音楽作品を追記していく。同社は2018年からブロックチェーン活用の検証を進めている。

2月4日、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、2月から3月にかけてブロックチェーンを活用した音楽作品情報の登録・共有に関する実証実験を行うことを発表した。

実証実験は2月13日から3月13日の約1ヶ月かけて行われる。JASRACに著作権管理を委託している権利者の参加を募り、実施されることとなっている。

今回の実証実験では、音楽作品ごとに「デジタルコンテンツのハッシュ値」や「創作者のID」、タイプスタンプなどをセットで記録できるブロックチェーン基盤のアプリケーションを使用する。そのアプリで記録した音楽作品のメタでターを追記していくという過程になっている。また音楽作品の情報についてほかの参加者のいずれかを指定することで、閲覧・追記する権限を付与するという。

2018年からJASRACはブロックチェーン活用の検証を進めている。昨年10月からは音楽の権利者者への対価還元の質・量を高める目的で、ブロックチェーンに関する検証を実施していたという。

Previous UAE:保健予防省がヘルスケア関連データ保存プラットフォームを共同で公開
Next 中国のスタートアップ:ボランティア活動に注力したブロックチェーン・プラットフォームを設立