IBM:新たなブロックチェーン製品開発が明らかに


まとめ
IBMは臨時雇用者向け契約作成作業を自動化にするために新たにブロックチェーン製品を開発していることが明らかになった。同製品はタイムシートや発注書の追跡を自動化する目的がある。世界規模での展開が成功すれば、市場に出されるという。

2月3日、IBMが臨時雇用の労働者向け契約を自動化する目的で用いられる新たなブロックチェーン製品の開発を進めていることがテクノロジーニュースのCIOによって報じられた。

臨時労働者向けの契約は、パートタイムや案件ベースの支払い契約などを含んでいる。さらにここではコンサルタントやフリーランサー・独立請負人・派遣社員など期間限定の労働者などが対象者となっている。

IBMは、企業の管理業務における非効率な作業をブロックチェーン上で簡素化する計画を立てている。IBMのグローバルロジスティックおよびブロックチェーンのリーダーであるバートン・バッファロー氏は、「すべての契約サプライヤーにとっての最大の苦労は照合である。ブロックチェーンは相違や矛盾がある分野でこそ活きるのである」と述べている。

同氏によれば、このシステムは請求過程で承認された当時者間を仲裁することができ、タイムシートや発注書の追跡を自動化する。世界規模での展開が成功すれば、まもなく市場に出ることとなっている。

IBMの関連記事はこちらから

IBM:「スターリング・サプライチェーン」が新機能を統合

 

Previous NITI Aayog:独国のブロックチェーン草稿を公開
Next ニトリ:物流にブロックチェーンを使用/LayerXと提携し、家具の流通アップデートを図る