アクセンチュア:ブロックチェーンや量子コンピュータなどの導入に関する調査結果を発表


まとめ
アクセンチュアは調査によりブロックチェーンや量子コンピュータなどの導入に際して、組織のリスクを「十分に評価できている」と考えている管理職はわずか5%しかいないことが分かったことを明らかにした。

アクセンチュアが世界に存在する金融機関のリスク管理部門を対象に行った調査で、「ブロックチェーン」や「量子コンピューティング」などの導入に際して、組織のリスクを「十分に評価できている」と考えているリスク管理部門の管理職がわずか5%しかいないことを明らかにした。

調査結果

これは世界の銀行・保険・証券分野のリスク管理部門を率いる管理職につく683人を対象に電話インタビューを実施してデータを収集したものとなっている。2019年12月、同社が「アクセンチュア 2019 グローバルリスク管理調査」として公にしている。日本でもすでに結果が公表された。

具体的には、各テクノロジーを導入する際に組織のリスクを「十分に評価できている」と考えているリスク管理部門の管理職が、IoTでは6%、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)・機械学習では9%、人工知能(AI)では11%など出会った。このほかビッグデータは18%、クラウドは43%という結果となった。

また72%もの回答者が「相互に関連する複雑かつ新たなリスクがかつてないほど急速に発生している」と答えた。しかしその一方で、回答者の42%はリスク管理部門が一定の効果を上げているのは、外部のリスク環境の変化への対応のみだと答えたという。

過去2年間で行った将来的なリスクにおける対応に「満足している」と答えた回答者の割合を見ると、リスク管理部門で機械学習を「活用している」場合は73%だったが、「活用していない」場合は45%という結果が出た。

2019 Global Risk Management Study

同社シニア・マネジング・ディレクターで財務・リスク管理事業のグローバル統括を担当するスティーブ・カルプ氏は「リスク管理を担う管理職がテクノロジーと同じペースで進歩できていないことが問題として挙げられる。リスク管理部門の管理職は、コスト削減の圧力を受けながらも、幅広いデータソース・高度なアナリティクス・AIなどを含む新しいツールやアプローチを取り入れる必要性を認識している」と述べた。

 

アクセンチュアの関連記事はこちら

アクセンチュア:国家デジタル通貨開発に引き続き、貿易金融ブロックチェーンに投資

Previous 金融庁・日本経済新聞:ブロックチェーン技術の金融ガバナンスなどを議論する国際会議を開催
Next NTTグループ:BaaSに参入/電子チケット管理ツール等を提供