クレディセゾン:Fintertechに資本参加を表明


まとめ
クレディセゾンは大和証券グループのブロックチェーン企業Fintertechに資本参画を決定した。同2企業はローン事業の展開を検討していく予定としている。昨年9月に新しい金融サービス開発に向けた資本業務提供に合意しており、今回の出資もその一環である。

1月31日、クレディセゾン大和証券グループ下のブロックチェーン企業Fintertechに資本参加することを明らかにした。クレディセゾンは大和証券グループとともに新しいローン事業展開を検討していくと発表している。

今後クレディセゾンがFintertechの株式34%を取得することになっている。さらに2月28日には株式譲渡を予定している。

昨年9月、クレディセゾンと大和証券グループは新たな金融サービス開発に向け資本業務の提携に合意していた。今回のFintertechへの出資もその一環となっている。

今回の出資実施を機に、Fintertechはクレディセゾンが有する顧客基盤へのアクセスや、クレディセゾンによるクラウドファンディング向け案件紹介・人材サポートなどの連携強化を図るという。

また今後、クレディセゾンのノウハウと大和証券グループの顧客基盤を活用したローン事業の展開も検討されている。

クレディセゾンは、すでにデジタルガレージKDDIなどともにブロックチェーンやVRなどの研究開発を行う「DG Lab」を設立している。

大和証券のブロックチェーンにおける取り組み

昨年3月、大和証券グループは暗号通貨交換業を保有するマネーパートナーズとブロックチェーン分野で業務提携を結んだ。

またほかの金融機関・機関投資家とともに証券業務におけるブロックチェーン技術活用への技術検討プロジェクトでは大和が事務局を務めていた。

セキュリティトークンオファリング(STO)の自主規制団体を目指し、昨年10月に設立された日本STO協会には、大和証券がメンバー企業として加わっている。

大和証券の関連記事はこちらから

大和証券グループの合弁企業が投資ファンドを新設、200億円規模を目指す / DG Daiwa Ventures

Previous スマートガバナンス研究所:ブロックチェーンに関する国家戦略の草案を公開
Next ブロックチェーン技術を新型コロナウイルスの情報共有に使用