イスラエル証券庁:暗号資産・ブロックチェーンの規定改革へフィードバックの受付を行う


まとめ
イスラエル証券庁(ISA)は、暗号資産・ブロックチェーン業界の発展の足かせとなっている規制などに関するフィードバックを受け入れることを発表した。これにより、同庁はブロックチェーン業界のインフラ作りの適正化を行う。

1月20日、イスラエル証券庁(ISA)は、ブロックチェーン業界の最適なインフラの作成を目標としており、現在、同業界発展の妨げである規定に関してのフィードバックを一般から受け付けることを公表した。

さらに、同国のブロックチェーン業界の発展を進める委員会を創設した。トークンやスマートコントラクトの作成を含むブロックチェーンベースの証券の発行・取引を行うプラットフォームに注目を向ける。また、実践的な分散型台帳技術(DLT)アプリケーションも模索する。

2019年初期に、同イニシアチブはイニシャル・コイン・オファリングがもたらすリスクを調査する委員会の取り組みの一環である。

取引コストやシステマティックなリスクの軽減や、中小企業の資本市場へのアクセスの改良も望まれる。

イスラエルに関する記事はこちら

2019年、イスラエルの暗号資産/ブロックチェーン企業が約32%増加

Previous ロシア・国有複合企業ロステック:ブロックチェーン開発支出額をカット
Next スマートガバナンス研究所:ブロックチェーンに関する国家戦略の草案を公開