ロシア・国有複合企業ロステック:ブロックチェーン開発支出額をカット


まとめ
ロシアの国有コングロマリット企業ロステックは、ロシア国内のブロックチェーン開発への支出を当初の予定の550億~850億ルーブルより半減させる、2024年までに284億ルーブル(約492億円)の出資を行う。ロシア市場はスムーズでリスクの低い方法で開発を目指している。

1月27日、同国ニュースのコメルツによると、ロシアの国有コングロマリット企業ロステックは、同国内のブロックチェーン開発への支出額を、初期の予定から半減することを公表した。

同社ロードマップによれば、2024年までに同社は同国内のブロックチェーン技術開発に284億ルーブル(約492億円)相当の支出を予定している。元来は、550億~850億ルーブルであった。

ブロックチェーン技術の製品標識化システムへの導入は6億5,000万ルーブル(約11億円)、ヘルスケアシステムが11億7,000万ルーブル(約20億円)、そのうち5億7,500万ルーブル(約10億円)が医薬品等の追跡システムに対してである。加えて、住宅サービスには4億7,500万ルーブル(約8億円)と、されている。

ブロックチェーン開発への支出額減少の原因は、国内経済状況の移り変わりであるとみられる。さらに、ブロックチェーン技術への捉え方が、「開発戦略や特定市場を保有するコピープロジェクトから市場を自浄するもの」へと変わる上で、同条件でロシア市場においては極めてスムーズでリスクの低い道を選んで開発を推進している。

Previous サウジアラムコ:ブロックチェーン基盤の原油トレード企業ヴァクトの株主に
Next イスラエル証券庁:暗号資産・ブロックチェーンの規定改革へフィードバックの受付を行う