ロート製薬:ブロックチェーン実用化


まとめ
ユニメディアとロート製薬はブロックチェーンを用いた共同研究を発表した。同2社は個人情報のセキュリティ強化を目指ざす。また、ロート製薬は独自通貨を導入し従業員の健康的な生活習慣を支援する。

1月29日、ユニメディアロート製薬はユニメディアが開発したコンソーシアム型ブロックチェーンを使用した共同研究を公表した。両社は、1月6日よりDX(デジタルトランスフォーメーション)の一環として情報管理上のセキュリティ強化のために、共同研究を始めた。

ロート製薬ではデジタル技術を利用し、人々の暮らしをさらに良いものへと改善するDXを進める。企業におけるパーソナルデータの利活用は、個人情報の外部流出や不正利用が問題となり危機感が向上している。情報の管理運用には、セキュリティ強化の方策は急務である。同社はDX上のセキュリティ強化対策として、ユニメディアのコンソーシアム型ブロックチェーンに注目した。両社協業により、ブロックチェーンの堅牢性を機密情報・顧客情報管理に使用する。

ロート製薬は、健康促進を目指して社内独自通貨「ARUCO(アルコ)」を取り入れ、従業員の健康的な生活習慣の実行に対応してアルコを付与する。獲得した独自通貨に応じて各種福利厚生が活用できる等の、先進技術の導入に積極的に取り組んでいる。

Previous リンクトイン:共同設立者が女性が除外されているリスクを警告
Next 4大穀物メジャー:農作物サプライチェーンをJPモルガン指導のブロックチェーン、クオラムで効率化