4大穀物メジャー:農作物サプライチェーンをJPモルガン指導のブロックチェーン、クオラムで効率化


まとめ
4大穀物メジャーから構成される「Covantis(コバンティス)」イニシアチブはJPモルガン主導のブロックチェーン「クオラム(Quorum)」を利用し農作物サプライチェーンの効率化・自動化、また信頼性・透明性の向上を目指す。

1月23日、農産物サプライチェーンの能率化・コスト削減を進める「Covantis(コバンティス)」イニシアチブが、イーサリアム開発企業のコンセンシスを技術パートナーとして選んだことを公表した。JPモルガン指導のコンソーシアム型ブロックチェーン「クオラム(Quorum)」を活用し、アグリビジネスにおけるサプライチェーンの効率化・自動化・信憑性・透明性の進歩を目指す。

Covantisは、2018年10月に創設されたプロジェクトであり、12月4日にプラットフォーム名を兼ねた団体名でもあることが公表された。4大穀物メジャー(ABCD)であるアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)・ブンゲ(Bunge)・カーギル(Cargill)・ルイ・ドレフュス(Louis Dreyfus Corporation)より構成されている。

イニシアティブの初期目標は、穀物や油糧種子等に関連する取引プロセスの自動化やコスト削減に力を注ぐことである。

従来、アグリビジネスにおけるサプライチェーンは、契約書・請求書による大量の紙ベースの文書が不可欠であること、手作業での文書処理に時間や手間を要することから、高コストで非効率になっている。これらをAIやブロックチェーン技術が置き換えることにより、効率化・自動化・信憑性・透明性の発展を目指している。

2020年、コンセンシスの立ち上げをサポート

同イニシアティブは、2020年にCovantisプラットフォームの設立を計画しており、コンセンシスがサポートする。

基になるブロックチェーンとして、JPモルガンが主導するイーサリアム(ETH)ベースのコンソーシアム型「クオラム(Quorum)」を採用した。コンセンシスは、サービス構築・運用の自動化システム「PegaSys Orchestrate(ペガシス・オーケストレート)」・ブロックチェーンに向けた統合クラウドサービス「Kaleido(カレイド)」・ETH用スマートコントラクトのぜい弱性検知・分析サービス「MythX(マイスX)」等のエンタープライズ向けサービスやツールを提供する。

さらに同イニシアティブは、技術パートナー選出のためにハッカソンを実施した。ADMの前社長兼最高リスク責任者で、イニシアティブの独立アドバイザーを担うステファノ・レッター氏は、「コンセンシスは優良なプロトタイプを公表し、ブロックチェーン技術を使用して貿易金融プロセスをデジタル化した功績がある。同パートナーシップにより卓越した機能だ。セキュリティ・プライバシーを軸とした一流の製品を形成可能であると確信している」と述べ、コンセンシスの優れた技術力を強調した。

ETH共同設立者兼コンセンシスCEOのジョセフ・ルービン氏は、「革新的で最高のテクノロジーを利用し、農産物のグローバルな貿易業務を改善するCovantisのコミットメントの強力さは刺激的である。同プラットフォームは、ブロックチェーン技術が業界を超えて情報サイロを排除し、コラボレーションを通して価値を生み出す約束を遂げた証拠だ」と語り、ブロックチェーンの多大なる可能性をCovantisが証明していることを説明した。

Previous ロート製薬:ブロックチェーン実用化
Next UAE:第2のクリプトバレー設立のための新構想を発表