UAE:第2のクリプトバレー設立のための新構想を発表


まとめ
中東のアラブ首長国連邦(UAE)はドバイに第2のクリプトバレーを立ち上げるため構想を発表した。同計画はスイスのクリプトバレーで活動する投資会社クリプトバレー・ベンチャーキャピタルと戦略的提携を組んで行われる。

中東のアラブ首長国連邦(UAE)のドバイは、暗号通貨・ブロックチェーン企業の集積地となる「クリプトバレー」の構築に向けて新たな活動を開始した。ドバイ政府の支援を受けたDMCCが新しい構想を発表した。

DMCCは「暗号通貨・ブロックチェーン・分散型台帳技術における世界でも最大級となるエコシステムのドバイ構築」を目指すという。

「クリプトバレー」はもともと、スイス・ツークに暗号通貨・ブロックチェーン関連企業が集積していたことから名付けられた。DMCCはドバイに第2のクリプトバレーを立ち上げることを目標に掲げている。

今回、スイスのクリプトバレーで活動する投資会社CV VCやCVラボと戦略的提携を結んでいる。

発表によれば、DMCCはCV VCなどと協力し、暗号通貨企業のためのインキュベーション支援・ブロックチェーン人材教育・コワーキングスペースなどを用意することを予定している。

DMCCは「クリプトバレーの開始は、ダイナミックなビジネス環境を整備し、将来の経済を形作るイノベーターや起業家、パイオニアらを魅了しようとするUAEの戦略をサポートするものになる」と述べている。

UAEの関連記事はこちら

中東UAE:ブロックチェーンで30億ドルを上回る節約/総合的に取り入れるホワイトペーパーを公開

Previous 4大穀物メジャー:農作物サプライチェーンをJPモルガン指導のブロックチェーン、クオラムで効率化
Next サウジアラムコ:ブロックチェーン基盤の原油トレード企業ヴァクトの株主に